ログイン
2019年10月23日 15時17分
注目

話題株ピックアップ【夕刊】(1):エーザイ、北の達人、ポーラHD

■エーザイ <4523>  6,534円  +1,000 円 (+18.1%) ストップ高   本日終値  東証1部 上昇率トップ

エーザイ<4523>がストップ高。22日、米バイオジェンと共同開発するアルツハイマー型認知症治療薬「アデュカヌマブ」を米食品医薬品局(FDA)に承認申請する予定にあることを発表、これが株価を強く刺激した。前日の米株市場ではバイオジェンの株価が急騰しており、これを引き継ぐ形で同社株にも投資資金が集中している。

■日本システムウエア <9739>  2,537円  +192 円 (+8.2%)  本日終値  東証1部 上昇率6位

日本システムウエア <9739> が急反発。21日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結経常利益を従来予想の15億円→18.8億円に25.3%上方修正。増益率が4.4%増→30.8%増に拡大し、従来の3期連続での上期の過去最高益予想をさらに上乗せしたことが買い材料視された。企業の旺盛なIT投資需要を背景に、ITソリューション事業とサービスソリューション事業の業績が想定より伸びた。好採算案件の検収があったことなども利益上振れの要因となった。なお、通期の経常利益は従来予想の35.4億円(前期は34億円)を据え置いた。

■多木化学 <4025>  4,610円  +265 円 (+6.1%)  本日終値

多木化学<4025>が続急伸。今朝のNHKニュースで「iPS細胞から作成した心臓の筋肉の細胞をシート状にして、重い心臓病の患者の心臓に直接貼り付ける手術について、大阪大学の研究グループが治験として実施したいと、近く審査機関に申請することが分かった」と報じられており、大阪大学と「自律拍動するiPS細胞由来心筋シート」を共同開発した同社に思惑的な買いが入ったようだ。

■北の達人 <2930>  679円  +39 円 (+6.1%)  本日終値

21日に発表した「株主優待制度を変更」が買い材料。

株主優待制度の優待品を現行の定価3564円以上相当の自社製品から、目の下専用アイクリーム「メンズアイキララ」(定価4864円)に変更する。

■ベイカレント <6532>  5,540円  +280 円 (+5.3%)  本日終値

ベイカレント・コンサルティング<6532>が続急伸。株価は一時、17日につけた最高値5590円に並んだ。同社は総合コンサルティング事業を展開しているが、IT投資などに絡むデジタルトランスフォーメーション(DX)関連の需要が好調。特に、RPAやAIなど業務効率化に関するプロジェクトの引き合いが強いようだ。大手証券からは、20年2月期の連結営業利益は会社予想51億円に対し61億円への増額修正を予想する見方も出ている。

■ACCESS <4813>  829円  +35 円 (+4.4%)  本日終値

ACCESS<4813>が急伸。この日の寄り前に、米国連結子会社IPインフュージョン(IPI)社が米国の大手情報通信・メディアコングロマリットであるAT&Tの子会社と通信キャリア向けネットワーク機器のホワイトボックス(ハードウェアとソフトウェアの分離)ソリューションに関するライセンス契約と業務提携契約を締結したと発表しており、これが好感された。今回の提携によりIPIは、「DANOS-Vyatta版」を商用ソリューションとして独占的に販売するほか、顧客向けのサポートサービスを提供するようになるという。また、IPIは自社が保有する技術を活用して「DANOS-Vyatta」ソリューション上に技術提供を行うとしている。

■イーレックス <9517>  1,435円  +56 円 (+4.1%)  本日終値

イーレックス<9517>がしっかり。きょう付けの日本経済新聞朝刊で、「海外で再生可能エネルギー事業に参入する」と報じられており、これを材料視した買いが入った。記事によると、まずカンボジアで出力8万キロワットの中型水力発電所を新設するという。海外事業による成長を目指すほか、水力発電所の開発に伴い発生する木材をバイオマス発電の燃料に活用する狙いもあるとしており、業績への貢献が期待されている。

■ポーラHD <4927>  2,581円  +76 円 (+3.0%)  本日終値

ポーラ・オルビスホールディングス<4927>が買い優勢の展開。インバウンド関連として位置付けられる同社が、ここ中国の新電子取引法(EC法)の施行や為替による健康食品を中心とした転売需要の減少などを背景に、株価の調整を余儀なくされてきた。しかし、足もとテクニカル的には5日・25日移動平均線のゴールデンクロスで底離れを明示している状況にある。23日、肌診断から処方するカスタマイズサプリメントを展開するトリコ(東京・渋谷区)に出資したと発表しており、これも好感されたようだ。ポーラHDは18年2月に社内ベンチャー制度を立ち上げており、スタートアップ企業との協力に力を入れてきたが、今回の投資先数が累計で10社と国内化粧品業界においては最多としている。

■大日本住友製薬 <4506>  1,797円  +47 円 (+2.7%)  本日終値

大日本住友製薬 <4506> が高い。21日大引け後、20年3月期上期(4-9月)の連結最終利益を従来予想の220億円→303億円に37.7%上方修正。従来の21.1%減益予想から一転して8.7%増益見通しとなったことが買い材料視された。各部門の売上高が堅調に推移する中、販管費が想定を下回ったことが寄与。買収にした2社に係る条件付対価公正価値が大きく減少することに伴い、費用の戻入を計上したことも利益を押し上げた。なお、通期の最終利益は従来予想の360億円(前期は486億円)を据え置いた。

■日本郵船 <9101>  1,983円  +50 円 (+2.6%)  本日終値

日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>など海運株が上値指向を強めている。「海運」は東証1部33業種中で業種別値上がり率トップ。クドロー米国家経済会議委員長の発言を受け、米中協議への進展期待が再び高まっている。バルチック海運指数は足もと軟調な動きが続いているものの、中国の経済指標はまだら模様ながら目先的には発電量の月次データなどから底入れ観測も出ており、つれてグローバル物流回復に対する思惑も膨らんでいる。郵船や商船三井など海運大手は信用取組も大幅に売り長で株式需給面からも上値が軽い。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):国際石開帝石、安川電、ニトリHD (10/23)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):東エレク、住友化、楽天 (10/23)
  3. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 0 銘柄 (10月23日)
  4. ★本日の【サプライズ決算】速報 (10月23日)
  5. 【↑】日経平均 大引け| 3日続伸、後場後半買い優勢で年初来高値更新 (10月23日)
  6. 決算発表シーズン到来、「増額修正シグナル点灯中」の上昇機運7銘柄 .. (10/21)
  7. まだ間に合う、10月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/22)
  8. 天高し、次世代テクノロジー「倍騰株スペシャル厳選5銘柄」<株探トップ特集> (10/19)
  9. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月23日)
  10. 明日の決算発表予定 モノタロウ、ネットワンなど21社 (10月23日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (11月19日発表分) 注目
  2. 2
    新成長ステージへGO! 10年超ぶり最高益に増額「大復活6銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    人気本番「半導体パッケージ関連株」、データセンター需要拡大で変わる世界 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    本日の【株主優待】情報 (19日大引け後 発表分) 市況
  5. 5
    明日の株式相場戦略=マザーズ、JQが反映する順風環境 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.