ログイン
2020年2月13日 9時57分
材料

リネットジャパングループ---カンボジアでネット銀行参入を目指し、合弁会社設立合意を発表

リネットジャパングループ<3556>は13日、フィンテックベンチャーのソラミツ・ホールディングスAG(以下「ソラミツ社」)とカンボジアにおいてネット銀行参入を目指し、合弁会社を設立することで基本合意したことを発表した。本年4 月を目処に、出資比率を同社80%、ソラミツ社20%にて設立を予定している。

同社はカンボジアの中央銀行デジタル通貨「バコン」と連携した新たな金融サービスの提供、将来のネット銀行への参入を目指している。

同社は、カンボジアにて子会社(チャムロン マイクロファイナンス)を運営し、農村地域を中心にマイクロファイナンス事業を展開してきた。今回のソラミツ社との提携により、バコンを活用したビッグデータビジネスを手始めに将来のネット銀行業務への参入、および金融サービスにアクセスが困難であった農村地域における金融サービスの利用機会提供推進を目指し、合弁会社の設立にいたった。

カンボジアにおいては、世界的にデジタル通貨への関心が高まるなか、カンボジア国立銀行が主導し、ソラミツ社が開発したブロックチェーンを活用したデジタル通貨決済システム「バコン」のテスト運用を2019 年7 月に開始し、2020 年内早期の正式稼働が見込まれている。

本合弁会社の事業概要としては、バコンを活用した決済情報や同社のマイクロファイナンス、中古車リース事業などのビッグデータをもとに、データアグリゲーション・分析による新たなクレジット・スコアリングモデル等の開発からスタートする。また、ブロックチェーン技術を土台とする、従来型とは設計思想がまったく異なる新たなコア・バンキングシステム(銀行基幹システム)の開発・提供を、カンボジアをはじめとしたASEAN 諸国の銀行向けに行う、ソラミツ社のシンガポール子会社との共同開発も並行して検討している。なお、当該子会社への出資についても合わせて検討を開始している。これらの開発を整備した上で、同社グループは2021 年春のネット銀行への新規参入を目指している。本合弁会社の設立によって、同社ならびに同社グループ企業はカンボジアにおいて世界最先端のフィンテックサービスを提供できるグループ企業となり、カンボジアの経済発展に大きく貢献したい意向だ。

同社は、現在カンボジアにて中古自動車販売事業、自動車リース事業、マイクロファイナンス事業、マイクロ保険事業、自動車整備士をはじめとした人材教育・送り出し事業などを展開しており、カンボジア事業全体で従業員は既に400 名を超えている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. Society5.0の担い手「スマートシティ」関連、トヨタ参入で気炎.. (02/12)
  2. 電撃上昇トレンドに乗る「テレワーク関連」、新型肺炎でテーマ性再燃へ.. (02/10)
  3. 来期業績につながる、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月12日版
  4. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月12日版
  5. 【ネット銀行】関連の銘柄一覧
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合<第1回> (02/10)
  7. これから熱くなりそうな「上場インフラファンド」、その3つの理由 (02/12)
  8. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (02/09)
  9. 2月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (02/11)
  10. 3万円以下で買える、低PBR&有配「お宝候補」19社 <割安株特集> (02/11)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月3日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場に向けて=買いのチャンスは無尽蔵、焦るべからず 市況
  3. 3
    上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    新型コロナ第3波襲来、原則解禁で「オンライン診療関連」リアル株高へ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月03日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.