ログイン
2020年2月15日 11時31分
通貨

NY為替:新型肺炎急拡大で成長見通し悪化、リスクオフ

14日のニューヨーク外為市場でドル・円は109円88銭から109円70銭まで下落して109円78銭で引けた。新型肺炎の感染急拡大に加えて、米国の1月小売売上高で国内総生産(GDP)の算出に用いられるコアの小売りが予想を下回ったため成長鈍化懸念にドル売りが優勢となった。ユーロ・ドルは1.0861ドルまで上昇後、1.0830ドルまで下落して1.0830ドルで引けた。ユーロ圏、ドイツの10-12月期GDPの成長鈍化で、追加緩和観測にともなうユーロ売り意欲が強く、上値が抑制された。ユーロ・円は119円23銭まで上昇後、118円88銭まで下落。ポンド・ドルは1.3001ドルまで下落後、1.3053ドルまで上昇した。英国の財政刺激策の拡大期待を受けたポンド買いに底堅い展開。ドル・スイスは0.9802フランから0.9823フランまで上昇した。フラン高是正介入警戒感や利食いのフラン売りが優勢となった。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月25日発表分) 注目
  2. 2
    明日の株式相場戦略=騰落レシオ注目、逆張り戦略に徹する 市況
  3. 3
    日経平均1000円安の衝撃、新型コロナ禍に揺れる日本株市場の行方 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    「コロナウイルス」関連がランキングトップ、感染拡大が続き世界同時株安に<注目テーマ> 特集
  5. 5
    植木靖男氏【世界株大波乱、新型肺炎の拡大で今後の展望は】(1) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.