ログイン
米国株
2020年3月29日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月29日版(1)

1.NYダウ、1万8213ドルが6月頃までの底値になる公算

NYダウは、3月23日の安値1万8213ドルから26日の高値2万2595ドルまで、4382ドル幅の上げ場面となりました。

2月12日の高値2万9568ドルから3月23日まで1万1355ドル幅の下げを経過して、安値から4営業日で38.59%を戻したわけです。

2016年以降、値動きが激しくなって1年間の変動幅が4000ドル幅を超えていますが、それ以前がだいたい2000ドル幅程度が年間の変動幅だったことを考慮すると、現状の動きの激しさがよくわかります。

さて、前週の上昇によってはっきりとしたポイントが1つあります。それは、2兆ドル規模の米経済対策に効果があったということです。

27日にトランプ大統領は、米議会が可決した新型コロナウイルスに対処する2兆ドルの大型経済対策法案に署名しました。内容は、家計への現金給付や企業の給与支払いの肩代わりなど、売上高の急減や生活の困難に直面する企業や個人への「安全網」を整備することが柱になっています。経済対策に合わせて、FRBは無制限の金融緩和を発表しています。

3月23日からの上昇は、この経済対策が有効であり、今後の株価が上昇すると判断した多くの投資家が作り出したものです。したがって、少なくとも経済対策が最大限に効力を発揮する期間、NYダウは3月23日の安値1万8213ドルを維持すると推測できます。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 【村瀬智一が読む!深層マーケット】 ─ パニック的なアンワインドの流れは一巡 (03/28)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「急反発だが、楽観禁物」 (03/28)
  3. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:ロックダウン警戒、米雇用統計、中国PMI (03/28)
  4. 訪れた絶好の買い場、5G関連「復活高スペシャル7銘柄」 <株探トップ特集> (03/28)
  5. 反発を見極める指標は? テーマ株投資の注意点は? ~Bコミさんに緊急インタ.. (03/26)
  6. 逆風下でも成長持続! 11-1月期【好決算】リスト 21社選出 <成長株特集> (03/26)
  7. 個人投資家・有限亭玉介:彼岸底から反発!ゲームなどテーマ株に注目.. (03/28)
  8. 来週の決算発表予定 キユーピー、エスプール、アダストリアなど (3月30日~4月3日)
  9. 【今週読まれた記事】優待&配当利回り“異常値”に大注目 (03/28)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 川本産業、中京医薬、インソース (3月23日~27日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  2. 2
    EVシフト恩恵を享受、国策買いで「充電設備」関連株は本格発進 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】2週間で1700円安、オミクロン株とテーパリング前倒しを警戒 New! 市況
  5. 5
    来週の株式相場に向けて=不透明部分残るも「陰の極」形成なるか 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.