ログイン
2020年5月31日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 5月31日版

中国株安からNYダウ、日経平均は6月までに戻り高値つけるか

1.本年のハンセン指数が下降の流れを作る理由ができた

前回の本欄では、今年のハンセン指数が弱気パターンの年の値動きになる可能性があると書きました。

中国全国人民代表大会は5月28日、「香港国家安全法」の制定方針を採択しました。中国はドルの経済圏を捨て、デジタル人民元を基軸通貨とした中国を信頼してくれる国との経済圏を作ることを選択したのだと考えられます。

29日、トランプ米大統領は、香港に対する優遇策を撤廃する措置を取り、香港の自治の阻害に関与していると見なす人物に対し制裁措置を導入すると表明しました。今後は、香港の特別地位が剥奪されて、各国企業は香港から離れていく公算です。

中国の株価下落にはっきりした理由ができたため、前回紹介した通り、本年はハンセン指数が弱気パターンの年になる可能性が大きくなったと言えます。

さて、ハンセン指数の年間が弱気パターンになる場合、5~9月の期間で下げの流れを作る傾向があるのですが、下げ幅が大きくなりやすい時期は7~8月になります。

ハンセン指数は5月末頃までに弱気の流れを明確にして、6月に一時的な反発を経過して上値の重さを再確認し、7月、8月に大きく下値を掘り下げる動きになるパターンが目立ちます。

本年が弱気の展開になる場合、動き方は、図1の赤の実線の展開が考えられます。5月から6月にかけて、3月の安値以下の下げ余地があることを確認して、7月、8月に大きく下値を掘り下げる展開です。

図1 ハンセン指数日足と今年の予想線

【タイトル】

前回、 NYダウと 日経平均株価は、ハンセン指数が下げても下値堅いと書きました。しかし、ハンセン指数が図1のように7月、8月に大幅安となる場合、7月、8月の下げ場面では、NYダウ、日経平均株価も応分の下げ場面になると考えられます。

したがって、NYダウ、日経平均株価が現在の積極的な上昇の流れを継続できる時期は、6月までと推測できます。

2.NYダウは週明け後に上昇継続なら2万7000ドル以上へ上げる公算

図2は、NYダウ日足と、現時点で推測できる本年のシナリオです。赤の実線は3月23日に底値をつけた後の上昇が、きれいな5つの波のパターンになる展開です。前週末の安値が押し目になって、週明け後の価格が上昇するならば、こちらの展開になる可能性が大きくなります。

5月14日以降、3波目の上昇の流れへ入っています。3波の上値目標値は2万6739ドルを大きく上回る地点が考えられるので、2万7000ドル以上へ上昇する公算です。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

伊藤智洋

日経平均株価・短期シナリオ
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「コロナパンデミック中間総括」<前編> (05/30)
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ ハイテク、医療、景気敏感の循環買いが続く (05/30)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「出遅れ大型株にマネー流入」 (05/30)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米中対立、コロナ2次感染状況、メジャーSQ (05/30)
  5. 来週の決算発表予定 積水ハウス、東芝、ピジョンなど (6月1日~5日)
  6. 潮流変化! 復活する「建設ICT」究極のリターンリバーサルへ <株探トップ特集> (05/30)
  7. 巣ごもりで激増“通信量”、「データセンター関連」成長に拍車.. (05/28)
  8. アフターコロナの自己防衛&管理、「接触検知アプリ」関連株をロックオン.. (05/27)
  9. 【今週読まれた記事】到来する“進化”――DX大相場の扉が開かれる (05/30)
  10. 今週の【話題株ダイジェスト】 アディッシュ、大日光、PSS (5月25日~29日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【今週読まれた記事】押し寄せる奔流――新政権発の“最強テーマ” 特集
  2. 2
    今週の【話題株ダイジェスト】 東邦金、鈴与シンワ、日本ラッド (9月23日~25日) 注目
  3. 3
    10万円以下で買える、高利回り・低PER・低PBR 17社【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    今週の【早わかり株式市況】続落、連休中の欧米株波乱で売り優勢 市況
  5. 5
    【村瀬智一が斬る!深層マーケット】 ─政策関連や需給妙味の大きい銘柄に注目 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.