ログイン
2020年6月27日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「正念場を迎える“夏相場”」

◆久しぶりに東京メトロ千代田線とJR山手線に乗ったが、普段の混雑ぶりが戻っていた。皆マスクはしているものの、毎日混雑した電車に乗らざるを得ない方々は気の毒だ。移動制限が解除となり、週末の高速道路でも渋滞が始まった。飲食店やお店にとっては客に来てほしいはずだが、いまはまだ「混雑」「人混み」を避けなければならず、経済再開と感染リスクの問題は悩ましい。

◆今回のコロナ禍で多くの人が テレワークオンライン学習、オンライン飲み会などを経験した。飲み会はともかく、ビジネスや学習において通勤、通学のあり方、必要性を見直す良い機会になっただろう。株式市場でテレワークやオンライン関連は「アフターコロナ」のテーマとしてすでに浮上しているが、きっと息の長いテーマとなろう。

◆また、オンラインの普及により「東京」に執着する必要性も薄れてきた。いまやネット環境は都会でなくても整備が進んでおり、田舎で清々(すがすが)しく、のんびり生活する人も増えてこよう。ただ、清々しく感じるのは最初だけで、すぐに「ネオン」が恋しくなるという話はよく耳にする。

◆そこで、一案として浮上するのが「デュアルライフ」。平日は都会、週末は田舎と2カ所で暮らすライフスタイルのことだ。田舎の生活コストは安く、海や山、川といった自然に触れることでリフレッシュできることは間違いなく、温泉があればなお最高。現役のビジネスマンも、退職された年配の方も、年齢に関係なく心と頭のリフレッシュは必要であり、検討してみる価値は十分にあろう。検討するだけでも心がワクワクするに違いない。

◆7月1日に「路線価」の発表がある。1月1日時点の評価であるから「堅調」なものが出てくるだろうが、その後のコロナ禍が不動産業界の足を引っ張ったことは否めない。マンションや不動産の購入計画を中止し、手持ちの物件の売却に動く人も少なくない。だが、このような時期に買い手はなかなか現れず、価格の下落傾向が続くことが懸念される。

◆日経平均とNYダウはともに足踏みが続く。金融・財政政策に後押しされた緩和マネーが株価を支える一方、感染第2波への懸念が足を引っ張るという構図が続く。ただ、日足チャートではともに下値抵抗線と重なる25日移動平均線にタッチしてきた。

日経平均株価の25日移動平均線は2万2221円(25日時点)、NYダウ平均のそれは2万5841ドル(24日時点)。上昇トレンドを維持できるかどうかの正念場であり、ここを終値で下回ることが続くならば、「夏相場の調整」に懸念を募らせることになる。

(6月25日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 6月28日版
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 上下放れは時間の問題か? (06/27)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―東アジアコロナのゆくえ- (06/27)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米国コロナ2次感染状況、各国経済指標、.. (06/27)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 フルッタ、ANAP、セキチュー (6月22日~26日)
  6. 今週の【早わかり株式市況】小幅続伸、底堅さ発揮も米コロナ新規感染者最多が重し (06/27)
  7. レーティング週報【2段階格上げ↑】 (6月22日-26日)
  8. “新高値”相次ぐ、2-4月期【好決算】リスト〔第1弾〕22社選出 <成長株特集> (06/25)
  9. 来週の決算発表予定 Jフロント、アダストリア、キユーピーなど (6月29日~7月3日)
  10. 「株探」の歩き方 ― (23)好業績銘柄からテンバガー候補をピックアップしよう! (06/26)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「巣ごもり消費」新旋風、上昇メガトレンドに乗る“極撰株リスト” <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【杉村富生の短期相場観測】 ─絶好調のNY市場と素直さに欠ける東京市場! 市況
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 刮目せよ!総合力よりも一点突破の“エッジ力”企業 市況
  4. 4
    伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 8月9日版 市況
  5. 5
    コロナ直撃の4-6月期に【増収増益】達成リスト <成長株特集> 8月7日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.