ログイン
2021年1月24日 8時00分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 1月24日版

日経平均は週明け後の価格が下げなければ年足陽線の公算

1. 日経平均が1月にはっきりと上昇した年は、年足で陽線引けする傾向がある

前回は、NYダウが1年を通じて上昇の流れを作る場合、1月に年間の最安値をつけていることが多いという経験則を紹介しました。

今回は 日経平均株価が1月にはっきりとした上昇の流れを作った年の展開について紹介します。

日経平均株価は前年末から当年4月頃までの期間で上げやすい傾向があります。

本年のように1月に大きく上昇している年は、通常の展開のように考えがちですが、そうでもありません。右肩上がりだったバブル以前、1950年から1989年までの期間では、1月の月足が陽線引けする確率は82.5%となっていてほとんどの年で月足が陽線引けしています。一方で、バブル崩壊後の1990年以降では、1月が上旬からはっきりとした上昇の流れを作って引けた年が、あまり見られなくなっています。

月足が陽線引けした確率を調べると、1990年から2020年の期間では、1月の月足が陽線引けする確率が41.9%と、陰線引けが目立つ動きになっています。また、1月に陽線引けした年の中でも、1月がはっきりと上昇の流れを作っている年は、1990年から2020年までの31年中、6回しかありません。1985年から2020年までの期間では、1985年、1987年、1988年、1989年、1994年、1998年、1999年、2012年、2013年、2019年の10回となります。

これらの年の特徴には、「年間が陽線引けする展開になっている」「年の前半に年間の上げ分の大部分を取りに行っている」「1月の安値が年間の最安値になっていることが多い」などが挙げられます。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 【植木靖男の相場展望】 ─ 上昇ピッチ速まるか!? (01/23)
  2. 武者陵司「半導体不足は日本ハイテク復活の予兆である可能性」 (01/22)
  3. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「材料出尽くし感が漂う時期」 (01/23)
  4. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ―満つれば欠くのが世の常ならば― (01/23)
  5. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米FOMC、日米10-12月期決算、IMF世界経.. (01/23)
  6. 「半導体&電子部品」ビッグウェーブ到来、「最強布陣10銘柄」を追え.. (01/23)
  7. 発表迫る、好業績の中小型株【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (01/21)
  8. 「できるだけ高く」と思ううちに、売り時を逃してしまうのはなぜ? ⇒ エンダ.. (01/22)
  9. 今週の【話題株ダイジェスト】 ケアサービス、トランスG、東京綱 (1月18日~22日)
  10. 【今週読まれた記事】“新エネ革命”本格転進! 巻き起こる“大炎” (01/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月5日発表分) 注目
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 動揺続く株式市場、3月相場の突破口は"配当"にあり! 市況
  3. 3
    上方修正“先回り”、21年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 金融相場→業績相場の移行期のきしみ! 市況
  5. 5
    個人投資家・有限亭玉介:日経平均は強気維持!?次にくるテーマ株は?【FISCOソーシャルレポーター】 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.