ログイン
2021年2月22日 14時28分
通貨

ビットコイン、海外の売りポジションは縮小【フィスコ・ビットコインニュース】

足元のビットコイン(BTC)は590万円台で取引されている。もっとも取引量の多い米ドル建てでは55,000ドル近辺で推移している(コインマーケットキャップより)。

一部国内の暗号資産(仮想通貨)取引所が出している投資家の未決済建て玉情報(2月22日時点)では、前週比で590万円台の買いが拡大した。一方、海外の大手取引所ビットフィネックスでは、2月22日のショートポジションは前週と比較して約33%縮小し、1,276枚となっている。ロング・ショート比率は昨年以降継続してロングポジションの方が大きく、足元では94.4%となっている。

2020年3月には、ビットフィネックスにおいてショートポジションが18,000枚台まで積みあがった直後に買い戻しのような動きが建て玉と価格で観測された。短期的な値動きを追うには、引き続き、国内外の取引所における売りポジションの動向に注目したい。

《RS》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (4月9日発表分) 注目
  2. 2
    注目の米IPO登場も追い風、人気復活「フィンテック」で高騰期待の6銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (4月9日現在) 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 業績相場が始動中!経済回復メリットの"素材"に照準 市況
  5. 5
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ アメリカの製造業(ISM指数)は絶好調! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.