ログイン
2021年3月6日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「ナスダックの動向を注視」

日経平均株価は2月末に1202円安の2万8966円と急落した。月末に急落するのは昨年からよく見られることで、これまでは翌月になると切り返して上昇基調を維持してきた。そして、翌営業日の3月1日に697円高の2万9663円と大きく反発し、今回も同じパターンで上昇基調を維持するかに思われた。

◆だが、4日に再び628円安と崩れ、一時2万8711円まで下げる場面があった。日足チャートは25日移動平均線(4日時点2万9292円)やネックライン(2万9000円)を割り込み、これまでのパターンと少し異なる動きを見せている。調整アノマリーがある「3月」でもあり、少し様子見も必要と思われる。

◆米国のナスダック総合指数も気掛かりだ。日足チャートをみると、2月16日に史上最高値1万4175ポイントを付けたが、22日に25日移動平均線を割り込み、翌23日には一時1万3003ポイントまで下げた。その後、1万3600ポイント近辺に戻すものの、割り込んだ25日移動平均線が戻りの壁となり、3月3日には361ポイント安の1万2997ポイントと大きく下げるなど、チャートからは「調整入り」が漂う。

◆このところ、日経平均も米国株も値動きが荒くなってきた。ボラティリティ(変動率)の拡大に伴い、マネーの出入りも激しくなる。3月は日本のメジャーSQ(先物、オプションの清算日)が12日、米国のSQが19日に到来し、17日のFOMC、18~19日の日銀金融政策決定会合と重要イベントが続く。「お彼岸」まで慌ただしい相場が続く可能性があるが、4月新年度相場を踏まえるなら「どこで調整安値を打つか」が、ここからのポイントになるだろう。

(3月4日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 3月7日版
  2. 【植木靖男の相場展望】 ─ 一発逆転に望みを託す (03/06)
  3. 武者陵司「米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った」 (03/02)
  4. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:米長期金利の動向、米2月消費者物価コア.. (03/06)
  5. 今週の【早わかり株式市況】小幅続落、米長期金利巡り乱高下も週末後場に買い戻.. (03/06)
  6. 今週の【話題株ダイジェスト】 リコー、JVCケンウ、日立造 (3月1日~5日)
  7. 痛たぁ~、コロナ暴落で資産半減、そこから3倍返しの5億円を勝ち取ったワケ (03/05)
  8. 10万円以下で買える、高ROE&低PBR 22社【東証1部】編 <割安株特集> (03/05)
  9. レーティング週報【最上位を継続+目標株価を増額】(3) (3月1日-5日)
  10. 10-12月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第4弾〕 45社選出 <成長株特集> (03/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 1 銘柄 (5月7日) 材料
  2. 2
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … ANAHD、JT、コマツ (4月30日~5月6日発表分) 特集
  3. 3
    【今週読まれた記事】主戦場“活躍必至”の中小型材料株 特集
  4. 4
    日経225オプション7月限(8日夜間) 2万3250円プットが出来高最多155枚 市況
  5. 5
    今週の【話題株ダイジェスト】 Gダイニング、シンクレイヤ、nms (5月6日~7日) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.