ログイン
米国株
2021年10月14日 12時35分
通貨

バイナンス、BSCに10億ドル規模の投資を行う【フィスコ・ビットコインニュース】

大手暗号資産(仮想通貨)取引所バイナンスは12日、10億ドル規模のBinance Smart Chain(BSC)ファンドを設立すると発表した。

1年以上前にBinance Smart Chainメインネットが立ち上がったとき、BSC上で構築されるdApps(自律分散型アプリケーション)を支援するために1億ドルのBSC Accelerator Fundを発表した。BSCのエコシステムは強化され、現在では、新しいdAppsを試験的に開始するのに最適なブロックチェーンの1つになりつつある。

今後のBSCの中核となるビジョンは、クロスチェーンやマルチチェーンが相互運用し、コスト効率よくシームレスに機能するための強固なエコシステムを提供することだという。ゲーム、ソーシャルネットワーキング、金融サービスなどの分散型の世界を一般の人々に紹介し、WEB3.0の認知度を高めることを目指す。これらに対応するために、公式の発表によると、人材開発、流動性インセンティブプログラム、ビルダー&インキュベーションプログラム、投資プログラム、の4つの分野に分けて投資を行うようだ。

人材開発には1億ドル充てられる。具体的には、開発者コミュニティの指導、新しい暗号資産投資家の教育、大学への学術奨学金の提供、ブートキャンプの運営などに資金が充てられ、暗号資産ネイティブなプロフェッショナルの世代を育てる。

流動性インセンティブプログラムにも1億ドルが充てられ、イノベーション、アクティブユーザー、取引量に基づいて、特定のプロトコルに報奨金を提供する。投資家と進化しつつある暗号資産市場との間のコンプライアンス関係を発展させることを目的とする。

ビルダー&インキュベーションプログラムには3億ドルが充てられる。1億ドルはハッカソンやホワイトハッカーによる共同バグ報奨プログラムの実施などに利用し、残りの2億ドルはBSC上位100のdApps及びインフラ提供者の育成に利用される。

投資プログラムには残りの5億ドルが充てられる。この資金は分散型コンピューティング、ゲーム、バーチャルリアリティ(VR)、AI(人工知能)、金融サービスなどの成長に活用される。BSC以外の全てのブロックチェーンインフラをサポートし、ブロックチェーン技術をスケーリングすることを目標とした。

《TY》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    空前の爆需第2幕へ、半導体株最強シナリオ「覚醒する10銘柄」を追え <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    発表迫る、低PERの22年3月期【上方修正】期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  3. 3
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月21日) 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】加速する進化“医療DX”が導く大相場の未来 特集
  5. 5
    決算プラス・インパクト銘柄 【東証1部】 … ディスコ、ベクトル、テラスカイ (10月15日~21日発表分) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.