ログイン
米国株

日本株の年末高はあるのか?!<東条麻衣子の株式注意情報>

市況
2021年10月26日 20時00分

株式市場は時期的には『ハロウィン効果』のアノマリー(ハロウィンの時期に株価が安値をつけ、その後、翌春にかけて上昇する動き)が表れてもおかしくないが、今年の日本株は年末高が期待できるのだろうか。

国内のイベントでは、衆院選挙や本格化する企業決算が投資家の注目を集めているが、本コラムでは原油価格と日経平均株価の関係について取りあげたい。

エネルギー価格の高騰は生活への影響が大きいだけに、各種メディアで報じられる機会も多く、今後の動向が気掛かりである人も多いことだろう。米WTI原油先物は2020年4月に史上初のマイナス価格を付けたのは記憶に新しいが、その価格は現在85ドル台と7年ぶりの高値水準にあり、年末には100ドルの大台に乗せると見る向きもある。

■WTI原油先物と日経平均株価

過去20年間で、WTI原油先物が80ドルを超えて100ドル超に上昇したケースは大きく見て2度ある。

(1)2007年9月~2008年8月 2007年9月に80ドルを超え、2008年8月には147ドルを付ける

(2)2010年10月~2011年5月 2010年10月に80ドルを超え、2011年5月に114ドルを付ける

この間の日経平均株価の動きはというと、下記の通りである。

(1)2007年9月の1万6929円から2008年10月には6994円まで下落(-58.6%)

(2)2010年10月の9716円から2011年3月には8227円まで下落(-15.3%)

WTI原油先物と日経平均株価は必ずしも逆相関で動くわけではないが、過去にWTI原油先物が80ドルからレンジを切り上げて推移する場面では日経平均株価は下落基調であったと言える。

そもそも日本は資源を海外からの輸入に頼っており、エネルギー価格の高騰は企業業績を圧迫する要因となる。ましてや現在は1ドル=114円台前後まで円安が進んでおり、原材料の仕入れコスト増に拍車が掛かりやすい構図となっている。

■原油価格のアノマリー

原油価格も株価指数同様に、年末に向けて上昇しやすいアノマリーがある。その背景には、冬の暖房需要を先取りする動きのほか、節税対策で在庫の取り崩しが進みやすいことがある。加えて、今年はラニャーニャ現象が発生する可能性が強まっており、厳冬による北半球での予想外のエネルギー需要の高まりが警戒されている。

つまり、年末に向けてWTI原油先物は100ドルを付けてもおかしくない条件が整いつつある。

もちろん、株価は上下動するものであり、一方向に下げ続けることはないかもしれないが、年末にかけてWTI原油先物が高止まり、もしくは上昇基調を続けるのであれば、日経平均株価の年末高は厳しくなるのではないかと考えている。

◆東条麻衣子

株式注意情報.jpを主宰。投資家に対し、株式投資に関する注意すべき情報や懸念材料を発信します。

株式注意情報.jp http://kabu-caution.jp/

Twitter https://twitter.com/kabushikichui

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 明日の株式相場に向けて=日本郵政は3度目の正直となるか (10/26)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月26日発表分) (10/26)
  3. “好調継続”企業に注目! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月26日版
  4. 中国・欧州の電力危機波及、グリーン化追い風の非鉄株に本格復活機運 <株探.. (10/26)
  5. 「パワー半導体」が4位、世界で日本企業の優位性が浮き彫りに<注目テーマ> (10/26)
  6. ★本日の【サプライズ決算】続報 (10月26日)
  7. 明日の決算発表予定 エムスリー、日立など65社 (10月26日)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (10月26日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):フロンテオ、NTT、日本郵政 (10/26)
  10. 【↑】日経平均 大引け| 急反発、米株高を引き継ぎリスク選好の買い優勢 (10月26日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【植木靖男の相場展望】 ─上げるも下げるも相場、時を待て! 市況
  2. 2
    6月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> 特集
  3. 3
    個人投資家・有限亭玉介:話題株をピックアップ!個別株の明暗わかれやすい相場で気になる株【FISCOソーシャルレポーター】 特集
  4. 4
    【今週読まれた記事】“大きな変化”、株高は長期上昇トレンドへ 特集
  5. 5
    今期活躍期待の【連続最高益】銘柄リスト〔第4弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.