ログイン
米国株
2021年12月5日 9時51分
市況

伊藤智洋が読むマーケット・シナリオ【週間展望】 12月5日版

日経平均株価は週明け後に上昇開始か

1. 日経平均の12月は、10月までの安値を大きく下回る動きにならない

日経平均株価は、9月から翌年1月までの安値を2月、3月に割れる場合、その年の深刻な景気悪化を示すサインとなって、たいていの場合、年明け後の通常国会で翌年度の予算とともに大規模な経済対策を決定するか、遅くても年内に補正予算で経済対策が実行されます。

株価と経済対策の過去のパターンについては、筆者が2018年に出した「勝ち続ける投資家になるための株価予測の技術」で紹介しています。

今回、この話題を出した理由は「年末から年明けにかけて、前年の安値を掘り下げる動きになりにくい」という日経平均株価の傾向を強調したかったからです。

日経平均株価は、年初から4月、6月頃までの期間、積極的な取引が行われて、株価が上昇しやすくなっています。多くの市場参加者は、例年の資金の流れを理解しているので、4月、6月頃へ向けた上昇が始まる前に押し目を拾っていきます。

日経平均株価の1年間の値動きは、おおざっぱに言えば「年間が弱気に推移する場合、4月、6月頃までに年間の最高値をつけて、10月頃までの時期にその年の下値の限界まで下降して、上昇を開始する」「年間が強気に推移する場合、6月頃までの時期に年の前半の最高値を確認して、10月頃までいったん上値重く推移した後、年末へ向けた上昇の流れへ入り、年の前半の高値を目指すか、年の前半の高値を大きく超える展開になる」というパターンとなっています。

こちらはプレミアム会員専用記事です
この先をご覧になるには株探プレミアムへのお申し込みが必要です。
※プレミアム会員の方はログインしてください

関連記事・情報

  1. 来週の相場で注目すべき3つのポイント:メジャーSQ、法人企業景気予測調査、米.. (12/04)
  2. 【村瀬智一が斬る!深層マーケット】FOMC通過まで方向感は掴みづらく、個別材料.. (12/04)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─岩盤的な下値水準に届いた東京市場、落ち着.. (12/05)
  4. 【杉村富生の短期相場観測】 ─日本株は売られすぎゾーンに突入! (12/05)
  5. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「年末相場に冷や水を浴びせたオミクロン」 (12/04)
  6. 「人類最大の発明」で、7年で3倍を12年で9倍にパワーアップ (12/03)
  7. 反撃開始へ! AI・DX関連の業績変貌株「バーゲンハント5銘柄」 <株探トップ.. (12/04)
  8. 上方修正“先回り”、22年3月期【業績上振れ】候補〔第1弾〕 <成長株特集> (12/02)
  9. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ メック (12/05)
  10. 【今週読まれた記事】波乱相場にチャンスを窺う! 大注目のEV関連 (12/04)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    逆風跳ね返し成長続く! 今期も躍進期待の「最高益バリュー株」6銘柄選抜 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    話題株ピックアップ【昼刊】:三井松島HD、BASE、ルネサス 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):BASE、三井松島HD、IHI 注目
  4. 4
    今朝の注目ニュース! ★シリコンスタ、BASE、フェイスに注目! 注目
  5. 5
    三菱UFJ---続落、株主還元拡充も減益ガイダンスで上値重い 材料
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.