ログイン
米国株
2022年11月24日 15時12分
注目

話題株ピックアップ【夕刊】(1):タカトリ、サイボウズ、サイバー

■タカトリ <6338>  7,280円  +1,000 円 (+15.9%) ストップ高   本日終値

タカトリ<6338>の上げ足鮮烈、1000円高はストップ高となる7280円まで急騰を演じ、未踏の7000円台に突入した。同社株は6月以降に商いを伴い人気化したが、初動時の株価は1500円弱でそこから5カ月あまりで5倍化した。パワー半導体需要は自動車向けを中心に旺盛だが、今後は脱炭素分野での蓄電やエネルギー制御、電気自動車(EV)のモーター駆動などで市場規模が拡大し、2025年には3兆円を超える巨大マーケットが形成されるとの見方もある。そのなか同社は、次世代パワー半導体の有力候補として注目されているSiCデバイスの精密切断装置でニッチトップ企業と目され、強力な投資資金が流れ込んでいる。このほか、きょうはローム<6963>やタムラ製作所<6768>、シキノハイテック<6614>、テセック<6337>、三社電機製作所<6882>、トレックス・セミコンダクター<6616>といったパワー半導体関連株が軒並み物色人気に沸いている。

■eWeLL <5038>  4,600円  +450 円 (+10.8%)  本日終値

eWeLL<5038>が急反発し上場来高値を更新。22日の取引終了後、11日に発表した22年12月期業績予想の上方修正に関するQ&Aを発表。通期予想の売上高について、第3四半期の実績よりも第4四半期が減少するように見える件について、「売上高は確実に達成できるレベルでの修正」と回答。また、「第3四半期までに計画値を上回った部分を当初の通期予想に上積みしており、第4四半期の売上高は保守的にした」としていることから、更なる上振れを期待した買いが入ったようだ。

■タムロン <7740>  3,515円  +295 円 (+9.2%)  本日終値  東証プライム 上昇率2位

タムロン<7740>が4連騰し年初来高値を更新。22日の取引終了後、22年12月期の期末配当予想を57円から85円へ引き上げたことが好感された。年間配当は115円(従来予想87円)となり、前期実績に対しては33円の増配になる予定だ。

■サイボウズ <4776>  2,287円  +190 円 (+9.1%)  本日終値  東証プライム 上昇率3位

サイボウズ<4776>が大幅反発。22日の取引終了後に発表した10月度の月次業績で、売上高が前年同月比23.0%増、営業利益は同69.4%増となったことが好感された。主力のクラウド関連事業の売上高が同24.3%増と好調を持続したことが牽引した。

■チェンジ <3962>  2,125円  +175 円 (+9.0%)  本日終値  東証プライム 上昇率4位

チェンジ<3962>は大幅高。22日の取引終了後、子会社のガバメイツが三井物産系のコールセンター受託大手りらいあコミュニケーションズ<4708>と業務提携したと発表しており、これを材料視した買いが入った。両社は自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)支援で連携していく。複数の自治体が利用できる共同利用型BPO(データクレンジングセンター)の開発や、自治体支援事業の共同営業を行うという。

■飯野海運 <9119>  951円  +76 円 (+8.7%)  本日終値  東証プライム 上昇率5位

飯野海運<9119>が急騰。同社は原油タンカーやケミカル船、ばら積み船、ガス船などを運航する。石油や石炭に代わるクリーンエネルギーとしてLNG需要が拡大するなか、LNG船で高水準の中長期契約を獲得していることで、収益面の追い風が強い。また、都内の一等地を保有し不動産部門への展開力では海運業界のなかでも異色の存在。昨年6月に竣工した日比谷フォートタワーは抜群の好立地を確保、地下2階、地上27階、フロアが基準階で約720坪あり話題を集めた経緯がある。足もとの業績も絶好調、23年3月期営業利益は期中2回の上方修正を経て前期比95%増の147億円予想とほぼ倍増する見込みにある。更にPER5倍台、配当利回り5.6%前後で割安感が際立つ。

■サイバーエージェント <4751>  1,294円  +84 円 (+6.9%)  本日終値

サイバーエージェント<4751>が急伸。サッカーワールドカップ(W杯)で日本代表は23日の初戦で強豪のドイツを撃破し、歴史的勝利を挙げた。同社とテレビ朝日ホールディングス<9409>が出資しているインターネットテレビ「ABEMA」は、サッカーワールドカップ(W杯)の全試合無料生中継を行っていることから、サッカーW杯関連株としてサイバーに見直し買いが流入した。

■イーディーピー <7794>  27,030円  +1,530 円 (+6.0%)  本日終値

イーディーピー<7794>が反発し上場来高値を更新。22日の取引終了後、21年11月から建設を進めてきた島新工場(大阪府茨木市)が稼働を開始したと発表しており、好材料視された。新工場は、LGD(人工ダイヤモンド宝石の総称)製造用種結晶の生産能力と供給量拡大のため建設していたもので、23年3月期第3四半期に全面的に稼働する見込み。同社では新工場効果により26年3月期の生産能力を22年3月期に比べて3倍弱に引き上げるとしている。なお、23年3月期業績予想への影響は織り込み済みとしている。

■オークネット <3964>  2,012円  +97 円 (+5.1%)  本日終値

オークネット<3964>が4日続伸。22日の取引終了後、22年12月期の期末配当予想を24円から25円へ引き上げたことが好感された。年間配当は48円(従来予想47円)となり、前期実績に対しては8円の増配になる予定だ。同時に、11月30日付で150万株(発行済み株数の5.36%)の自社株を消却すると発表しており、これも好材料視されている。なお、消却後の発行済み株数は2646万3200株となる予定だ。

■ZOZO <3092>  3,265円  +150 円 (+4.8%)  本日終値

ZOZO<3092>が大幅反発。この日、新サービス「顧客直送」をローンチしたと発表したことが好感された。親サービスはブランドの実店舗で欠品している商品の在庫が、ZOZOの物流拠点「ZOZOBASE」にある場合、利用客は店頭で決済を行い、ZOZOBASEから利用客の自宅へ商品を直送できるサービス。同サービスの導入により、利用客が店舗に来店した際に商品が欠品している場合でも、各店舗の売り上げとしてZOZOBASEで保管している在庫を販売することが可能になり、欠品による販売機会の損失を軽減するとしている。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):レーザーテク、サン電子、ネクソン (11/24)
  2. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):兼松エレク、クボタ、山洋電 (11/24)
  3. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 3 銘柄  S安= 1 銘柄 (11月24日)
  4. ★本日の【サプライズ決算】速報 (11月24日)
  5. 【↑】日経平均 大引け| 3日続伸、欧米株高を受けリスク選好の買い継続 (11月24日)
  6. 年末に向け買い局面!?反転攻勢期待の海外投資家が狙う銘柄群 <株探トップ.. (11/22)
  7. 武者陵司「喫緊の企業戦略3つの大転換 Q&A」 (11/23)
  8. 米利上げ減速で円高に動くなら知っておきたい「10月CPIの教訓」 (11/23)
  9. 5万円以下で買える、高利回り&好業績 26社 <割安株特集> (11/23)
  10. 明日の決算発表予定 タカショー、大和コンなど3社 (11月24日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月6日発表分) New! 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ファーマF、NTN、タカラバイオ 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(2):川崎汽、東ガス、ニチレイ 注目
  4. 4
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月06日) 注目
  5. 5
    レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (12月6日) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.