ログイン
米国株
2023年2月8日 17時00分
市況

明日の株式相場に向けて=FRBパウエル「ハト派傾斜」の真意

きょう(8日)の東京株式市場は、日経平均株価が前営業日比79円安の2万7606円と続落。続落といっても、この2日間は株価が下を向いている感じがしない。きょうは前日発表の決算を嫌気されソフトバンクグループ<9984>と任天堂<7974>が急落したほか、ファーストリテイリング<9983>もインデックス売りを浴び下値を探った。だが、この3銘柄で日経平均を110円あまり押し下げたことを考慮すれば、79円安は実質プラス圏で着地したに等しい。プライム市場の値上がり銘柄数も値下がりを250程度上回った。

前日の米国株市場はパウエルFRB議長へのインタビューの最中に乱高下した。パウエル氏は1月の雇用統計については想定外に強い内容であったとの認識を示し、これが金融引き締め長期化の思惑を呼んでいったんは売りを誘ったが、一方で「今年はディスインフレの年」との見解を改めて示した。これを拠りどころに取引終盤にかけて買い直された。市場関係者によると、FRBはバランスシートの縮小を最優先することを決め、毎月950億ドル規模の量的引き締め(QT)を額面通り推進するために、利上げ圧力はあまりマーケットに意識させないように努める方針を固めたという。QTを進めるうえで、株式市場が波乱含みとなってはいろいろと支障をきたすため、それを回避する目的のリップサービスというわけだ。つまり、パウエル氏は見せかけのハト派を演じているということになる。このFRBの政策方針が事実であるなら、売り方にすれば流動性縮小が担保されることにもなり、どこかでマーケットに揺さぶりをかけてくることが予想される。

東京市場では、企業の決算発表が佳境入りとなるなか、発表された内容に応じ個別株は明暗を分ける展開で、決算跨(また)ぎの短期売買も引き続き活発だ。しかし、好調な決算を発表しても市場コンセンサスに届かなければ売られるようなケースも依然として目立つ。それならば何もしないで傍観している方が賢明ということにもなる。

決算発表済みの銘柄で、目先の値動きを追求せず内容が良いものを焦らず拾っておくのは王道といえる。動きは地味だが、好業績割安でなおかつ株価位置が中長期でみて大底圏にある東邦ガス<9533>はその有力対象。同社は都市ガス3位に位置するが、脱炭素を商機と捉え、ガスと水素の混焼設備の供給に乗り出す構え。NFKホールディングス<6494>の100%子会社である日本ファーネス(横浜市神奈川区)と協業で技術を磨くなど、材料性も内包している。また、中小企業を主要顧客に光回線サービスを展開する東名<4439>も好決算発表後に急動意したが、その後も株価はジリジリと右肩上がりのチャートを維持している。電力小売り事業への展開が功を奏し23年8月期営業利益は前期比4.1倍の13億6000万円を見込んでいる。これは過去最高益大幅更新となる。

一方、業績に絡まない独自の材料でボラティリティを高めているのがバイオ関連 の一角。当欄では1月下旬にも触れたが、新興系のバイオ株は先行投資型ゆえ足もとの業績は不問とされるケースも多く、その分だけ材料主導の相場に乗りやすい面がある。免疫生物研究所<4570>やDNAチップ研究所<2397>などは人気化したが、こればかりは材料が発現しないと相場にはなりにくく、銘柄観を駆使して先回りして買うという手段が利きにくい。

ただし、いったん買い材料に反応して激しく動意すると、その後も波状的に人気を集める“確変モード”突入のパターンも少なくない。バイオ関連は割り切りでの対処が条件となるが、この時期マーケットの関心は高く目を配っておきたいセクターではある。例えばセルシード<7776>の300円台半ばやナノキャリア<4571>の200円絡みの水準はマークしておく価値がありそうだ。また、「幹細胞リプログラミング」など先端バイオ分野に光が当たるなか、細胞ゲノム関連のベンチャーには思惑が波及しやすい。クリングルファーマ<4884>は決算発表が目前で目先は手が出しにくいものの、異色の強調展開を続けており、今後の株価動向に興味が湧く。

あすのスケジュールでは、1月のマネーストック、1月のオフィス空室率、22年12月の特定サービス産業動態統計、1月の工作機械受注、6カ月物国庫短期証券及び10年物物価連動国債の入札など。なお、国内主要企業の決算発表ではINPEX<1605>、明治ホールディングス<2269>、日本製鉄<5401>、トヨタ自動車<7203>、東京エレクトロン<8035>、三菱地所<8802>、NTT<9432>、セコム<9735>など。(銀)

出所:MINKABU PRESS

関連記事・情報

  1. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月8日発表分) (02/08)
  2. 見えてきた事業化の青写真、成長ステージに立つ「CCS」関連株 <株探トップ.. (02/08)
  3. 楽観は禁物なら、3月末まで「上方修正&リターン期待」のアノマリーに注目 (02/08)
  4. 逆風下の成長株を探す! 10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月8日版
  5. ★本日の【サプライズ決算】続報 (02月08日)
  6. 明日の決算発表予定 日本製鉄、東エレクなど247社 (2月8日)
  7. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (2月8日)
  8. “再びの首都圏一極集中”で百花繚乱へ、「ザ・東京関連株」を大追跡 <株探ト.. (02/07)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ナガセ、A&Dホロン、スミダコーポ (02/08)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 続落、寄与度の高い値がさ株の下げが重荷 (2月8日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (3月30日発表分) 注目
  2. 2
    “究極の半導体”に夢膨らむ、「ダイヤモンド半導体」で浮上する銘柄群 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    “再上方修正”へ、23年3月期【業績上振れ】有力候補〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場に向けて=人間を支配する人工知能 市況
  5. 5
    「PTSランキング」新設のお知らせ 告知
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.