エヌビディアが続伸 半導体銘柄の目標株価引き上げが伝わる=米国株個別

材料
2024年7月10日 0時13分

(NY時間11:13)(日本時間00:13)

エヌビディア<NVDA> 131.50(+3.30 +2.57%)

クアルコム<QCOM> 207.71(-0.18 -0.09%)

きょうもエヌビディア<NVDA>は買い戻しが優勢となっており、一時133ドル台後半まで上昇する場面が見られた。前日もアナリストによるエヌビディアの目標株価引き上げが伝わっていたが、本日もエヌビディアやクアルコム<QCOM>などの半導体銘柄の目標株価の引き上げが伝わっている。エヌビディアの目標株価を従来の130ドルから180ドルに引き上げた。

エヌビディアのGB200が2025年のデータセンター部門の売上高2000億ドル超を支援すると予想しているように、AI需要は衰えることなく続いているという。

クアルコムの目標株価は205ドルから225ドルに、シーラス・ロジック<CRUS>を120ドルから155ドルに、モノリシック・パワー・システムズ<MPWR>を850ドルから975ドルに引き上げている。

MINKABU PRESS編集部 野沢卓美

株探ニュース

人気ニュースアクセスランキング 直近8時間

特集記事

株探からのお知らせ

過去のお知らせを見る
米国株へ
株探プレミアムとは
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、ジャパンネクスト証券、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.