ログイン
9983東証1貸借
業種 小売業

ファーストリテイリング 株価材料ニュース

89,080
-1,150
-1.27%
業績
(11:30)
株価は20分ディレイ
リアルタイムに変更する
2021年4月5日 10時08分
材料

今週のマーケット展望「今週こそは3万円の大台を回復」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(山崎みほ)

皆さま、こんにちは、フィスコマーケットレポーター山崎みほの「マネックス証券の気になるレポート」です。

この記事のタイトルにもある通り、朝からさっそく日経平均が3万円台を回復していますね!取引時間中に3万円を超えるのは、3月19日以来、17日ぶりです。

さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、4月5日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、『先週の「マーケット展望」で「日経平均は3万円の大台を回復」と予想したが、先週末終値は2万9854円とあと一歩及ばず』と振り返っています。

ただ、『今週こそは3万円の大台を回復できるだろう』といいます。その根拠は『米国の長期金利上昇も天井感が見え始めたこと』とのことです。

その背景について、『先週末発表された米国の雇用統計で非農業部門雇用者数は前月から91万6000人増え、67万人程度の増加を見込んだ市場予想を上回った。これほどの改善を見せたのだから長期金利は当然のように上昇したが、それでも1.73%止まり。 先週、長期金利は高いところでは1.77%まであったが、バイデン大統領による大型インフラ政策の発表(3月31日)や1983年以来37年ぶりの高水準となったISM製造業景気指数の発表(4月1日)を受けても米10年債利回りは上昇するどころか低下した。米国経済の活況はほぼ織り込んだということだろう』と説明しています。

そして、『こういう状況になれば半導体株やハイテク株などグロース株の巻き返しが期待できる』と広木さんはいいます。

さらに、『国内のコロナ感染状況は予断を許さないが、ファンダメンタルズは改善が明確だ』として、『先週発表された日銀短観で大企業製造業DIはプラス5。市場予想を上回った。2021年度の設備投資計画も全規模製造業で前年度比3.0%増と市場予想を超える堅調さだ』と解説しています。

また、『今週は小売の決算が本格化する』として、『5日のしまむら<8227>、7日のウエルシアHD<3141>、そして8日のファーストリテイリング<9983>、7&I<3382>が注目される。小売りではないが9日には安川電機<6506>の決算発表がある』と説明。『毎回のことだが、これに続く3月決算銘柄の製造業の先行指標として大きな注目だ』としています。

最後に、今週の予想レンジは『2万9700円?3万700円』としました。

参考にしてみてくださいね。

山崎みほの「気になるレポート」はマネックス証券の「メールマガジン新潮流」に掲載されたレポートを山崎みほの見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートをご確認くださいね。

フィスコマーケットレポーター 山崎みほ

《FA》

提供:フィスコ

株探ニュース

関連記事・情報

  1. “再上方修正”へ、21年3月期【業績上振れ】有力候補〔第2弾〕 <成長株特集> (04/04)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 春風相場が到来、「米国の国策に売りなし」.. (04/04)
  3. 「自動車部品株」ハンティング始まる! EV&業界再編で思惑満載 <株探トップ.. (04/03)
  4. 【植木靖男の相場展望】 ─ 2月高値3万467円に挑むか?! (04/03)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 4月相場は「サクラサク」展開に! (04/04)
  6. 連続増収増益の注目企業、株価押し目の見極めは ─ 和島英樹 (04/04)
  7. 10万円以下で買える、連続増益&低PBR 16社【2部・新興】編 <割安株特集> (04/04)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (4月2日現在)
  9. 4月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (04/03)
  10. ボラはあるけど、高リターン追求の集中投資で「飛ばない」技 (04/02)
▶︎この銘柄を取引する

証券会社のアプリを起動して
この銘柄の取引画面へ移動します

証券アプリのダウンロードについて

情報提供

株価予想
業績予想
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
各証券会社のスマホアプリを起動できます。アプリのインストールがまだの場合は、以下からダウンロードしてください。
SBI証券 株 アプリ
閉じる