決算速報

2018年3月20日 16時00分
【決算】 インプレス、今期経常を50%上方修正、配当を2.5円に修正【連結】

 インプレスホールディングス <9479> が3月20日大引け後(16:00)に業績・配当修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の1億円→1億5000万円(前期は700万円)に50.0%上方修正し、増益率が14倍→21倍に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した上方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益も従来予想の1億2100万円の赤字→7100万円の赤字(前年同期は1億5500万円の赤字)に上方修正し、赤字幅が縮小する計算になる。

 業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の0.5~1.5円→2.5円(前期は0.6円)に増額修正した。

株探ニュース

会社側からの【修正の理由】
 平成30年3月期通期連結業績予想について、第4四半期における業績変動リスクとして懸念しておりました年賀状ムックやカレンダー等の大型季節商品の返品が想定内に収まる見込みであること、また書籍販売及びメディア事業の広告収入が堅調に推移していることを勘案し、売上高及び経常利益の予想を上方に修正いたします。加えて、投資有価証券の一部売却により、投資有価証券売却益の特別利益計上を行うこととなったため、親会社株主に帰属する当期純利益を当初の予定から上方修正いたします。※ 業績予想は、現時点で入手可能な情報に基づき、当社で判断したものであり、さまざまな不確定要素が含まれております。実際の業績につきましては、今回の予想と異なる可能性があります。

  当社の配当政策は、連結及び単体の業績及び財務状況に応じた利益配当を行うことを基本方針としており、最低限の配当を確保した上で、親会社株主に帰属する当期純利益の20%を配当性向の基準としております。 当期の配当予想につきましては、親会社株主に帰属する当期純利益が上方に修正となることを勘案し、1株当たり0.50 円~1.50 円から2.50 円に修正いたします。

業績予想の修正

今下期【修正】

決算期
旧   17.10-03
新   17.10-03
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
5,718 -121 27 0.8 0.5
2018-01-30
連結
6,018 -71 177 5.3 2.5
2018-03-20
連結
+5.2 赤縮 6.6倍 6.5倍 %

今期【修正】

決算期
旧   2018.03
新   2018.03
修正率
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
11,500 100 200 6.0 0.5
2018-01-30
連結
11,800 150 350 10.5 2.5
2018-03-20
連結
+2.6 +50.0 +75.0 +74.8 %

今期の業績予想

下期業績

決算期
    16.10-03
予   17.10-03
前年同期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
5,613 -194 -155 -100 -3.1 0.6
2017-05-12
連結
6,018 -71 177 5.3 2.5
2018-03-20
連結
+7.2 赤縮 黒転 黒転 %

今期【予想】

決算期
    2016.03
    2017.03
予   2018.03
前期比
売上高営業益経常益最終益1株益1株配発表日会計基準
10,892 136 182 -38 -1.2 1
2016-05-12
連結
11,280 -61 7 9 0.3 0.6
2017-05-12
連結
11,800 150 350 10.5 2.5
2018-03-20
連結
+4.6 21倍 39倍 37倍 %
 上記の業績表について

インプレスホールディングスをもっと詳しく

前後の決算速報

【決算速報】の一覧を見る

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 本日の【決算・業績修正】銘柄一覧
  2. 利益成長“青天井”銘柄リスト【番外編】 31社選出 <成長株特集> (03/18)
  3. 10万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」38社 【2部・新興】編 <割安株特集> (03/18)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (3月16日現在)
  5. 明日の決算発表予定 日本オラクル、石井表記など3社 (3月20日)

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%