ログイン
2018年3月19日 18時30分
特集

植木靖男氏【相場変調、政局不安に揺れる株と為替の行き先】(1) <相場観特集>

―4月新年度入りを前に考える視界不良相場への対処法は―

東京株式市場は冴えない動きが続いている。2月14日と3月5日の2万1000円台割れで2点底を形成し出直り途上にあるが、ここにきて国内政局の不安定さが上値を重くしている。期末相場も大詰めを迎えているが気迷い材料は多い。新年度入りを前に投資家はどういうスタンスで臨めばよいのだろうか。また、トランプ保護主義を背景としたドル円相場の動向も気になるところだ。日本株と為替の見通しについて、それぞれ業界の専門家に話を聞いた。

●「戻り足は当面期待しづらく、新年度相場まで様子見」

植木靖男氏(株式評論家)

東京株式市場は、これまで米国株次第というコンセンサスがあったが、直近は風向きが変わってきた。いうまでもなく国内政治リスクが足かせとなっており、当面は不透明感が強く、戻り相場への期待が剥落しやすい環境にあることは否めない。

安倍政権に覆いかぶさっている「森友学園問題」は簡単に吹っ切れる感じではなくなっている。この問題自体がどのくらい政権運営にダメージをもたらすのかは、外部からは判断がつきにくいが、分かりやすいバロメーターがある。それは支持率であり、これが激しく低下することになれば、安倍政権も拠りどころを失うことになる。現在は30%台にある支持率が、仮に軒並み20%台に入ってくれば明らかに危険水域といってよく、株式市場もリスク回避の外国人売り圧力が強まり、日経平均株価も大幅な調整を回避できないだろう。

ただし、4月以降は外交日程が相次ぐ。ここでそれなりの成果を上げることができれば政権も相場も立ち直ることができる。森友問題で安倍政権の基盤が弱くなっているのは事実としても、ポスト安倍を今の日本に求められるかといえば、冷静に考えてそれは難しい。ここは正念場であり、4月新年度入りまで支持率が今の水準で何とか持ちこたえられれば、売り方の買い戻しなども交え視界が変わる可能性は十分にある。

一方、外国為替市場での円高警戒感も以前より強まっている。1ドル=105円台を割り込むようだと、これも相場の下げを加速させることになり注意が必要だ。日経平均の下値については、テクニカル的に3月5日につけた安値(ザラ場ベースで2万937円)を下回るかどうかにマーケットの関心が集まりそうだ。今は拾い場かもしれないが安易な買い参戦は避けて、新年度相場入りまでは様子見姿勢で対処するところではないか。

押し目買いを狙うのであれば、リスクオフの巻き戻しに入った場合は為替も円安方向に振れる可能性が高いため、ハイテク輸出株の戻りが大きいと思われる。その際にも無理をせずに、東京エレクトロン <8035> やSUMCO <3436> などの半導体関連や、ファナック <6954> 、安川電機 <6506> など設備投資関連の下値を十分に引きつけて拾うスタンスが望ましい。

(聞き手・中村潤一)

<プロフィール>(うえき・やすお)

慶応義塾大学経済学部卒。日興証券(現SMBC日興証券)入社。情報部を経て株式本部スポークスマン。独立後、株式評論家としてテレビ、ラジオ、週刊誌さらに講演会などで活躍。的確な相場見通しと独自の銘柄観に定評がある。

株探ニュース

相場観特集

第一線の市場関係者がズバリ斬る!

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 佐藤正和氏【相場変調、政局不安に揺れる株と為替の行き先】(2) <相場観特集> (03/19)
  2. 檜和田浩昭氏【相場変調、政局不安に揺れる株と為替の行き先】(3) <相場観特集> (03/19)
  3. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 基本的に個別物色、各論(銘柄)勝負! (03/18)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 市場に春の芽吹き、胸に新たな闘志を! (03/18)
  5. 利益成長“青天井”銘柄リスト【番外編】 31社選出 <成長株特集> (03/18)
  6. 「カジノ」へ関心高まる、今国会へ実施法案提出で再注目も<注目テーマ> (03/19)
  7. 10万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」38社 【2部・新興】編 <割安株特集> (03/18)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (3月16日現在)
  9. 中村潤一の相場スクランブル 「『AI・IoT・5G・量子』で狙う株」 (03/14)
  10. 勃興「ブロックチェーン」関連株、足踏み“仮想通貨市場”よそに高成長へ <株探トップ特集> (03/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=米中貿易摩擦深刻化を警戒し、日経平均は下値模索の推移 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.