ログイン
2020年2月14日 15時10分
決算

ジモティー、今期経常は4.1倍増で3期連続最高益更新へ

ジモティー <7082> [東証M] が2月14日大引け後(15:10)に決算を発表。19年12月期の経常利益(非連結)は前の期比11倍の7400万円に伸び、20年12月期も前期比4.1倍の3億0600万円に急拡大を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。6期連続増収、4期連続増益になる。

株探ニュース

実績

前期【実績】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    2017.12 660 -379 -380 -412 -81.9 0
単独
    2018.12 983 9 7 18 3.9 0
単独
    2019.12 1,263 88 74 96 18.9 0
2020-02-14
単独
前年同期比 +28.5 9.8倍 11倍 5.3倍 4.8倍 %

前期実績と従来予想との比較

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
予   2019.12 1,199 88 88 61 12.0 0
2020-02-07
単独
実   2019.12 1,263 88 74 96 18.9 0
2020-02-14
単独
修正率 +5.3 0.0 -15.9 +57.4 +57.5 %

今期の業績予想

今期【予想】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 1株配 発表日 会計基準
    2018.12 983 9 7 18 3.9 0
単独
    2019.12 1,263 88 74 96 18.9 0
2020-02-14
単独
予   2020.12 1,434 306 306 212 40.2 0
2020-02-14
単独
前期比 +13.5 3.5倍 4.1倍 2.2倍 2.1倍 %

3ヵ月業績の推移【実績】

決算期 売上高 営業益 経常益 最終益 修正1株益 売上営業損益率 発表日 会計基準
    19.10-12 328 -65 -78 -33 -6.5 -19.8
2020-02-14
単独
前年同期比 %
上記の業績表について

前後の決算速報

▶︎決算速報の一覧を見る

関連記事・情報

  1. ジモティー---初値2300円、公開価格の2.3倍、クラシファイドサイトの企画・開発.. (02/10)
  2. ジモティーの初値2300円、公開価格の2.3倍 (02/10)
  3. 本日の【決算・業績修正】銘柄一覧
  4. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第1弾〕 34社選出 <成長株特集> (02/09)
  5. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 2月12日版
  6. 来期業績につながる、10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月13日版
  7. 電撃上昇トレンドに乗る「テレワーク関連」、新型肺炎でテーマ性再燃へ.. (02/10)
  8. メシ新時代到来、大手食品参入の「植物肉」関連で注目の企業群を追う.. (02/13)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 内田衛さんの場合<第1回> (02/10)
  10. これから熱くなりそうな「上場インフラファンド」、その3つの理由 (02/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (2月25日発表分) 注目
  2. 2
    日経平均1000円安の衝撃、新型コロナ禍に揺れる日本株市場の行方 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    明日の株式相場戦略=騰落レシオ注目、逆張り戦略に徹する 市況
  4. 4
    「コロナウイルス」関連がランキングトップ、感染拡大が続き世界同時株安に<注目テーマ> 特集
  5. 5
    植木靖男氏【世界株大波乱、新型肺炎の拡大で今後の展望は】(1) <相場観特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.
【注意】
「決算速報」「個別銘柄の決算ページ」で配信する最新の業績情報は、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム(TDnet)において、 上場企業が公表する決算短信と同時に配信されたその企業自身の作成によるXBRL(企業の財務情報を電子開示するための世界標準言語)に基づいたデータをそのまま使用しています。 また、業績予想がレンジで開示された場合はレンジの中央値を予想値として採用しています。なお、この配信されたデータには、新興企業を中心に誤ったデータが配信される場合が希にあります。 投資判断の参考にされる場合は、より正確な決算短信のPDFファイルを併せてご確認くださいますようお願いします。
閉じる