ログイン
米国株
2018年4月19日 12時10分
特集

<話題の焦点>=ひそかなブームでキャンプ関連に注目

キャンプがひそなかなブームだ。これまでのキャンプのイメージといえば、家族や仲間とアウトドアスポーツやバーベキューを楽しむといったものだった。しかし、最近では一人でまったりと過ごす「ソロキャン」や仲間と大勢で盛り上がる「グルキャン」、ホテル感覚で泊まれる「グランピング」などさまざまなキャンプが楽しまれている。キャンプ場もトイレや炊事場が衛生的になり、風呂やシャワー設備のある施設が増えており、利用者増に一役買っている。

これに拍車をかけているのが、おしゃれで個性的なキャンプの過ごし方をSNSに投稿している「おしゃれキャンパー」の存在だ。使い勝手がよく、デザインにも凝ったキャンプ用品で居心地が良く、それでいて非日常の世界を楽しむおしゃれキャンパーは、ファッション誌やテレビなどにも取り上げられ“SNS映え”する写真をアップすることで、アウトドアビギナーを呼び込んでいる。さらに、今年1月から3月まで、それぞれの身の丈に合ったキャンプを楽しむ、女子高校生たちの日常をゆるく描いたマンガ「ゆるキャン△」がテレビアニメ化されたことで、さらに裾野が広がっているという。

キャンプ用品を手掛ける上場企業は限られているが、代表的な銘柄はスノーピーク<7816>だ。アウトドア用品の製造販売を行う同社では、テントや寝袋、テーブル、チェア、食器、コンロなど取り扱い領域が広い。全国5カ所にキャンプフィールド(キャンプ場)も運営しており、4月3日には20年12月期に営業利益15億5000万円を目指す中期経営計画も発表している。

このほか、カンセキ<9903>の18年2月期は、WILD-1事業で年間を通してキャンプ関連用品が好調に推移。ゼビオホールディングス<8281>の18年3月期は、夏場の天候不順の影響を受けてキャンプ用品は苦戦しているが、タウンユース向けは堅調に推移しているという。また、アウトドアウエアやキャンプ用品を展開するゴールドウイン<8111>やデサント<8114>なども関連銘柄として注目したい。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 「全固体電池」が13位にランクイン、官民連携で開発進めると報じられ注目度上昇.. (04/18)
  2. キーワードは“専門性”、人材関連銘柄「次の狙い」 <株探トップ特集> (04/16)
  3. 有賀泰夫の有望株リサーチ (04/17)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 中長期で狙える“回復初動”銘柄! (04/15)
  5. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ “春の嵐”はようやく収束に向かう! (04/15)
  6. 2万2000円「関門突破」で注目したい“最新大幅増益”株 <株探トップ特集> (04/18)
  7. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月18日版
  8. 決算先取り、19年3月期“大幅増益”期待リスト〔第2弾〕 <成長株特集> (04/15)
  9. 復活の上昇相場、春の主役テーマ「不動産流動化」特選5銘柄 <株探トップ特集> (04/14)
  10. 景気拡大“106ヵ月目”、保護主義に揺れるNY株式市場の行方 <株探トップ特集> (04/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    利益成長【青天井】銘柄リスト〔第3弾〕31社選出 <成長株特集> 特集
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★リブセンス、EDP、トレンダなどに注目! 注目
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─東京市場は水準訂正へ!ここで狙うは"10万円で買える"株 市況
  4. 4
    本日注目すべき【好決算】銘柄 トレンダ、フェローテク、シチズン (12日大引け後 発表分) 注目
  5. 5
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月12日発表分) 注目
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。
投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.