市場ニュース

2018年6月19日 9時22分
【特集】 ハピネット Research Memo(3):玩具卸最大級映像音楽やゲームソフト、アミューズメント商品も扱う


■事業概要

1. 玩具事業を中心に4つの事業セグメント
ハピネット<7552>の主要事業は、玩具、映像音楽ソフト、ビデオゲーム(ハード、ソフト)、アミューズメント商品の卸売であるが、一部を自社で製造、企画、製作も行っている。同社側ではこれらの商品・製品を「玩具」「映像音楽」「ビデオゲーム」「アミューズメント」の4つの事業セグメントに分けており、2018年3月期の事業別売上高は、玩具71,403百万円(売上高構成比36.1%)、映像音楽42,466百万円(同21.5%)、ビデオゲーム63,107百万円(同31.9%)、アミューズメント20,630百万円(同10.5%)であった。

以下は各事業の詳細内容である。

(1) 玩具事業
バンダイは言うに及ばず、タカラトミー<7867>、セガトイズなどの多くの国内メーカーの商品を取扱っており、中間流通業界では最大手(推定シェア30%強)である。

メーカー別の売上高構成比(2018年3月期)は、バンダイが51.1%、タカラトミーが10.3%、その他メーカーが36.3%となっているが、同社のオリジナル製品も2.3%を占めている。売上総利益率は商品によってまちまちであるが、バンダイ商品と自社商品が比較的高い。

(2) 映像音楽事業
DVD・CDなどの映像・音楽作品を仕入れて販売する事業で、中間流通業界でのシェアは約11%と推定され、第2位であった。しかし2018年3月に業界トップである星光堂の映像音楽卸事業を承継したことから両社を合わせたシェアは約28%となり業界のトップとなった。商品別の売上高構成比(同)は、映像商品が76.6%(うち卸商品が66.1%、自社製品が10.5%)、音楽商品が23.4%となっている。

同事業では単に一般的な作品の流通だけでなく、自社での出資製作をする場合もあり、これらの自社製作作品は、劇場興行、DVD・ブルーレイ(パッケージ)、ネット配信なども行っている。同事業は、自社製作や共同出資の作品がヒットすれば利益率が大きく向上するが、反対に損失を出す可能性もある。将来の収益拡大のために、自社製作は続けていく方針である。

(3) ビデオゲーム事業
任天堂<7974>、(株)ソニー・インタラクティブ・エンタテインメント(以下、SIE PlayStationシリーズ)、日本マイクロソフト(株)(Xbox)のハード及びソフトなどの卸売を行う事業。2018年3月期の商品別の売上高構成比は、任天堂85.6%、SIEが13.3%、その他が1.1%となっている。

市場シェアは、任天堂商材の取扱いは、以前は業界第4位であったが、2013年にトイズユニオン(株)を子会社化したことで推定シェアが約25%となり業界2位となった。ちなみに第1位の任天堂販売(株)のシェアは約75%となっているが、任天堂の直系販社であり、同社のように取扱商品が分散されていない。また、SIE PlayStationシリーズについてはメーカーの直接販売を除いた玩具業界で同社が独占的な地位となる。

(4) アミューズメント事業
キッズカードやカプセル玩具を自社が設置した機械によって販売する事業。全国約5,000ヶ所に設置している。同社の市場シェア(推定)は約60%で、残りはほとんどが中小業者となっている。2018年3月期の商品別売上高構成比は、カプセル玩具が52.9%、カードゲームが39.2%、その他が7.9%となっている。

2. 特色と強み
同社は玩具や映像音楽ソフト、ビデオゲーム(ハード、ソフト)、アミューズメント商品の中間流通市場で高いシェアを誇る最大手クラスの企業であるが、その特色や強みは以下のような点に要約される。

(1) 豊富な仕入れ先と販売先
既述のように同社の仕入れ先は約700社、さらに販売先は約1,200社に上る。同社がこれら企業の間に位置することで、メーカーと販売先へそれぞれの情報をフィードバックすることが可能になり、これが双方に対して新製品開発支援や販売支援につながっている。このため、同社の存在は、メーカーと販売店の両サイドにとって欠かせないものとなっている。数多くのメーカーや販売先との取引があるのは同社の強みである。

特に国内最大手の玩具メーカーであるバンダイと太いパイプを持っていることは、他社に比べて比較的高い利益率を得られるだけでなく、販売店側から見ても同社と取引することによって最大手メーカーであるバンダイ商品の動向などの情報を得られることになり、このメリットは大きいだろう。これも同社の強みの1つである。

(2) 事業ポートフォリオ:安定した収益基盤
玩具やゲーム機器、さらに映像音楽作品などは、商品や作品によって当たりや外れが大きい。そのため流通卸の企業でも特定の商品や特定メーカーの製品に偏っていると、収益が大きく伸びる場合もあるが、一方で落ち込むのも早く、経営基盤が大きく崩落するリスクもある。

この点、同社の取扱商品は既述のように玩具、映像音楽ソフト、ビデオゲーム(ハード、ソフト)、アミューズメント商品と分散している。この結果、特定の商品の当たり外れによって収益が大きく崩れるリスクは同業他社に比べて少なく、収益基盤は安定していると言える。この事実は、収益のブレが大きい玩具やゲーム業界において強みとなっており、後述するような今後の拡大戦略にもつながってくる。

(3) 最適流通システム
さらに同社の情報力を支えているのが、EDI(Electronic Data Interchange:電子データ交換)、POS、Webなどを活用し、メーカーから小売店までを結んだ「最適流通システム」である。その拠点となるのが国内3ヶ所にあるロジスティクスセンターで、これらの合計面積は68,778m2に及ぶ。このような大規模・高効率の物流センターを有することで、リアルタイムかつ高精度の在庫管理と、迅速かつ適切な出荷業務が可能となり、サプライチェーンマネジメントによる生産数量の適正化支援や流通在庫のスリム化など流通の合理化に寄与している。なお、ロジスティクスセンターは、連結子会社のハピネット・ロジスティクスサービスが運営している。

(4) 信用力、資金力
今後の国内エンタテインメント市場、特に玩具市場を中長期的な視点から考察すると、人口構成の点から残念ながら必ずしも成長市場とは言えず、むしろ縮小していく可能性が高いと考えられる。そうなると、市場の寡占化が進み、M&Aなども頻繁に起こる可能性が考えられる。そのような環境下で成長を続けるために必要なのは、経営力に加えて信用力、資金力である。この点で同社はバンダイナムコグループの一員であること、上場企業であること、業界最大手であることなどから、同業他社に比べて信用力や資金力が高いと言える。これも同社の強みである。

また玩具、映像音楽ソフトやゲームソフトなどの商品は「鮮度」が重要であり、長期間の在庫保有はリスクが高い。その一方で少量在庫しか持たないと商機を逸することになり、市場動向を予測しながら常に適正な在庫を保有することが収益性を高めるポイントとなる。このような適正在庫を保有するには資金力が必要であり、この点も同社の強みと言える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)

《MH》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 「全固体電池」への注目度上昇、NEDOがオールジャパンで基盤技術開発へ.. (06/18)
  2. 急騰株ハンティング、4大攻略地帯「特選10銘柄」 <株探トップ特集> (06/16)
  3. 懸念続出の株式市場、アク抜け後に備え注目したい19年4月期好業績株 <株探.. (06/18)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “堅調続伸”の予感! 懸念後退と円安で整う.. (06/17)
  5. 【アミューズメント】関連の銘柄一覧

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る