市場ニュース

2018年6月22日 21時12分
【経済】 2019年も米利上げ継続との見方は妥当か?


 21日の米国株式市場では、米中貿易戦争の激化を警戒した売りが再び活発となったが、6月の米フィラデルフィア地区連銀景況調査(業況指数)が想定外の19.9まで低下したことも嫌気されたようだ。同指数は5月の34.4から急低下しており、米国経済の先行き不安が一部で浮上している。米FRBは利上げ継続の姿勢を明らかにしているが、同指数の7月以降の動向には注意が必要だろう。

 米連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレは目標である2%に近づいていること、米国の財政政策は、今後数年需要を押し上げることなどを理由に利上げを継続する方針だが、今後発表される主要経済指標の多くが予想を下回った場合、2019年も利上げを継続するとの予断を持つことは難しくなりそうだ。
《MK》

 提供:フィスコ

最新ニュース

TOP
告知
市況
材料
決算
テク
特集
経済
速報
注目
特報
通貨
5%

人気ニュース【ベスト5】(直近8時間)

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
ベスト30を見る

関連記事・情報

  1. 来週の株式相場見通し=貿易摩擦懸念し下値模索、米中の対応姿勢を注視 (06/22)
  2. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」28社【東証1部】編 <割安株特集> (06/22)
  3. 上方修正“先回り”【業績上振れ】候補 17社選出 <成長株特集> (06/21)
  4. まだ間に合う、6月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (06/21)
  5. 中村潤一の相場スクランブル 「トランプ乱気流、個別株“最強の選択肢”は」 (06/20)