ログイン
2018年7月3日 19時30分
特集

7月IPO「最新情勢」、クリロナ人気でMTGに注目集中 <株探トップ特集>

―全体相場不透明で高まる個別株物色、ニューカマー注目ポイントは?―

米中貿易摩擦の行方に不透明感が漂うなか、全般相場は個別株物色の様相を濃くしている。そんななか、株式市場で引き続き熱い視線を集めているのが、新規株式公開(IPO)だ。6月のメルカリ <4385> [東証M]に続き、今月はMTG <7806> [東証M]といった注目の大型IPOが登場する。足もとでは今春以降、登場した直近IPOへの物色人気も高い。本格化する7月IPOの注目ポイントとは何か――。

●7月は9社が登場、6月IPOではZUUやIPSなど人気

「メルカリ」を含め11社が登場した6月に続き、7月は9社がIPOを果たす。年初からのIPO企業数は7月時点で40社を超え、昨年を上回るペースにある。相場環境次第の面はあるものの、このペースが続けば、年間では昨年の90社を超える100社近いIPOが実現しそうな勢いだ。

6月は今年最大のIPOとなったフリマアプリ最大手、メルカリが19日に登場。人気は高く公開価格(3000円)を67%上回る5000円で初値をつけた。メルカリは上場初日に一時6000円まで買われたものの、買い一巡後は利益確定の動きが強まり、足もとでは4000円台半ばを中心とする値動きにある。同社は6月期決算であり、8月9日に予定されている決算発表が、当面の注目ポイントとみる声がある。また、6月IPOでは資産運用を支援するプラットフォーム「ZUU online」などを運営するZUU <4387> [東証M]やフィリピンでの通信事業や人材関連事業などを手掛け、政府の外国人労働者受け入れ拡大政策にも関連するアイピーエス <4390> [東証M]などの人気が続いている。

●「MTG」の前評判良好、メルカリに次ぐ大型上場に

7月IPOの目玉は、何と言っても10日に東証マザーズに新規上場する健康・美容機器を手掛ける「MTG」だ。電気刺激で腹筋を鍛える「SIXPAD(シックスパッド)」は、サッカーのクリスティアーノ・ロナウド選手を起用したテレビCMで認知度を急上昇させたほか、美容ローラーの「ReFa(リファ)」や口にくわえてゆらゆらと揺らすことで口回りの筋肉を鍛える「PAO(パオ)」などで知られる。

市場からは、同社の参考企業としてヤーマン <6630> やRIZAPグループ <2928> [札証A]などを挙げる声がある。公開価格5800円から弾いた時価総額は約2240億円、公募などによる資金吸収金額は460億円と大きく、メルカリに次ぐ今年2番目の大型IPOとなる。

18年9月期の連結純利益は前期比27%増の55億円の見込み。市場からは「着実に利益を稼ぎ出している点は評価できる」「国内に加えて海外市場の開拓が見込める」ことを評価する声もある。さらには「今夏にもロナウドが来日するとの噂があり、実現した場合、材料視される可能性もある」(アナリスト)という。初値の上昇率が2~3割程度に収まる落ち着いた水準で売買開始となれば、上場後のセカンダリー市場での活発な取引を期待する声が出ている。

●ロジザード、アクリート、バンクイノベなど注目

MTG以外の7月IPOでは、4日に上場するロジザード <4391> [東証M]や、24日上場のバンク・オブ・イノベーション <4393> [東証M]、26日上場のアクリート <4395> [東証M]などの人気を期待する見方が出ている。3社とも東証マザーズに上場する。

ロジザードは倉庫や配送センター、店舗の在庫管理システムをクラウドサービスで提供。足もとの業績は好調であり、上場時の時価総額も30億円弱と小さい点も注目されている。

バンク・オブ・イノベーションはスマートフォンゲームアプリの開発・運営を行っており、主要タイトルには「幻獣契約クリプトラクト」などがある。想定発行価格から弾いた同社株の時価総額は30億円台、資金吸収額は2億円台に過ぎない。アクリートは企業から個人向けSMS(ショートメッセージ)配信のトップ企業。業績は前期に続き今期も2ケタ増収増益の予想。想定発行価格から弾いた上場時の時価総額は30億円台で、小型IT関連株として人気が期待されている。

◆◆7月以降のIPO企業◆

上場日  コード 上場市場   銘柄名             主幹事

7月 4日  4391  東証M  ロジザード           野村

  5日  1446  東証M  キャンディル          野村

10日  7806  東証M  MTG             野村

23日  7033  東証M  マネジメントソリューションズ  みずほ

24日  4393  東証M  バンク・オブ・イノベーション  大和

25日  3491  東証M  GA Technologies SBI

26日  4395  東証M  アクリート           SMBC日興

26日  4394  東証M  エクスモーション        SBI

27日  7034  東証M  プロレド・パートナーズ     みずほ

8月 2日  5699   JQ  イボキン            東海東京

2日  4396  東証M  システムサポート        大和

株探ニュース

株探トップ特集

いま最もホットなテーマを分析!

関連記事・情報

  1. 「全固体電池」が2位にランクイン、夢の次世代電池開発に業界各社が虎視眈々.. (07/03)
  2. 7月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (07/03)
  3. 魅惑の高収益、“ROE10%超”内需好業績リスト〔第1弾〕27社選出 <成長株特集> (07/01)
  4. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 底値圏銘柄に浮上機運! (07/01)
  5. 5万円以下で買える、高利回り&低PER「お宝候補」25社 【2部・新興】編 <割安.. (07/01)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (6月29日現在)
  7. “副業元年”に飛躍期待の関連株、解禁進み恩恵受ける銘柄は <株探トップ特集> (06/30)
  8. 急落の影に日銀あり? “不発ETF買い”と“投信決算”から見える点と線 <東条.. (07/03)
  9. 【緊急特集】 日経平均“不可解な500円安”、後場大崩れの背後にあるものは? (07/02)
  10. 【植木靖男の相場展望】 ─ 株価反騰のための3つの条件 (07/01)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月13日発表分) 注目
  2. 2
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  5. 5
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> New! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.