ログイン
2018年8月5日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 基本的に夏枯れ商状が継続する!

「基本的に夏枯れ商状が継続する!」

●株価の3要素の改善が不可欠!

全般相場は筆者が再三指摘しているように、夏枯れ商状に陥っている。市場参加者は少ない。投資家がリスク愛好に転じるのは何がきっかけになるのだろうか。やはり、価値、需給、人気(いわゆる、株価の3要素)の改善が不可欠と思う。

現在、日経平均株価の1株利益(予想ベース)は1671円だ。実績ベースは1802円となっている。単純計算だが、225銘柄については7.3%減益である。大手証券の多くが「2018年度は10%程度の増益を確保できる」とみている。しかし、足下の状況は異なる。

1株利益は価値だ。これが減益では……。需給はどうか。これは委託売買代金シェアの6~7割を占める外国人の動向がカギを握っている。その外国人はサマーバカンスに入っている。このタイミングでは基本的に、様子見姿勢を続けるだろう。

次に、人気についてはトランプ大統領のマッドマン・セオリー(狂人戦略)に振り回される構図に変わりがない。マーケットでは「米中貿易戦争は一時休戦」と判断している。しかし、トランプ大統領の狙いはハイテク覇権を目指す「中国製造2025」つぶし、と言われている。壮大な計画である。

●急落中のジャストプランニングは?

課題が課題だけに、そう簡単に収束するはずがない。彼は経済的な損失を犠牲にし、政治的な野望を実現しようとしている。この点を間違うと、大きな誤りを犯すことになるだろう。なにしろ、マッドマンだ。台風12号と同様に、先が読めない。ともあれ、11月の中間選挙まではこんな不安定な状態が継続する。

改めて述べるまでもない。価値はEPSに収れんし、需給、人気はPERに影響を与える。ちなみに、株価=EPS×PERとなる。EPSが減少し、PERが上昇しなくては株価は上がらない。だからこそ、日経平均の上値は限定される。この読みがリスク・マネジメントの基本である。

一方、物色面ではこの段階でのメインテーマは「金利上昇」だ。三菱UFJフィナンシャル・グループ <8306> 、みずほフィナンシャルグループ <8411> はポートフォリオに欠かせない。小物ではペット保険のアイペット損害保険 <7323> [東証M]、情報セキュリティのラック <3857> [JQ]が狙い目だろう。

現職社長(8月1日に解任)の不祥事を受け、急落しているジャストプランニング <4287> [JQ]については、(1)損失1億8000万円は前社長が弁済する、(2)新社長の山本望氏はプットメニューを開発、育ててきた人物……などを勘案し、800円がらみは「突っ込み買いのチャンス」と判断する。

2018年8月2日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 利益成長“青天井”銘柄リスト【第2弾】 25社選出 <成長株特集> (08/05)
  2. “好発進”銘柄を追う! 4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月3日版
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “米中摩擦”乗り切りのカギは高技術力・サ.. (08/05)
  4. 消えたシリコンサイクル、そして株価大変貌 「半導体関連」奇跡の底値買い厳選.. (08/04)
  5. 10万円以下で買える、3期連続最高益「お宝候補」21社選出 【2部・新興】編 <割.. (08/05)
  6. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (8月3日現在)
  7. 8月に配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (08/04)
  8. 中村潤一の相場スクランブル 「日銀会合後に急浮上、8月の材料株旋風に乗れ」 (08/01)
  9. 武者陵司 「封印された出口論、2%インフレ期待等価株価を想定しよう」 (08/02)
  10. “Vチューバー関連銘柄”最前線、新市場から大化け株は生まれるか <株探トッ.. (08/02)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月17日発表分) 注目
  2. 2
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):アスクル、北の達人、ディップ 注目
  3. 3
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月17日) 注目
  4. 4
    「教育ICT関連」に新潮流、最先端技術で学力底上げを担う本命&穴株 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場戦略=変化に対応して買い出動を 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.