ログイン
2018年9月26日 11時43分
経済

半導体設備投資関連には注意が必要、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

9/26付の「DailyOutlook」では、半導体市場について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『世界半導体市場は、2018年も前年比では10%を超える成長が予想されている(「世界半導体市場統計」による出荷額予想)。ただし、2017年の22%増からは伸び率が鈍化する見込み。特に、3DNAND(電源を切っても記憶内容を保持)やDRAM(電源を切ると記憶内容が消失)などのメモリーでは、大型設備投資や歩留り向上により、需給緩和が進んでいる。今後、数量の拡大が継続しても、価格下落により、メモリーを中心に半導体市場の成長は、一段と鈍化するとみられる』と伝えています。

続けて、半導体業界の設備投資は、現在の好況を受けて高水準が続いていることを挙げ、『2019年の設備投資は、駆け込み需要の反動もあってメモリーを中心に大幅に抑制される懸念が高まっている。半導体関連銘柄は、実際の市場動向に対して株価は先行して動く傾向がある。前述した成長率鈍化を受けて、すでに株価は調整局面にある。しかし、設備投資に関連する半導体製造装置の需要は、さらなる下振れが懸念される』と分析しています。

さらに、『半導体製造装置銘柄の中でも、ディスコ(6146)、アドバンテ(6857)、東京精(7729)などと比べて、メモリー減速の業績への影響が大きく、株価下振れ懸念も大きいとみられる東エレク(8035)やスクリン(7735)などには特に注意を払いたい』とまとめています。

最後にレポートでは、『半導体製造装置銘柄の株価推移』を紹介しています。詳しくは9/26付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 今後1ヵ月の【上方修正】期待リスト 32社選出 <成長株特集> (09/24)
  2. 桂畑誠治氏【駆け抜ける日経平均、2万4000円大台は通過点か】(1) <相場観特集> (09/25)
  3. 個人投資家・有限亭玉介:上昇トレンドが来る!?期待の個別株【FISCOソーシャ.. (09/22)
  4. 【植木靖男の相場展望】 ─ ここからは水準より日柄が大事 (09/23)
  5. 5日と25日線【ゴールデンクロス】低PER&低PBR 43社選出 <テクニカル特集> 9月25日版
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 「“楽月”で弾みつけ“平成最後の勝負どこ.. (09/23)
  7. 「アベノミクス3.0」本格始動、外国人買い誘い株高コースへ <株探トップ特集> (09/25)
  8. 「iPS細胞」に人気化機運、医療分野に革命起こす万能細胞<注目テーマ> (09/25)
  9. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (9月21日現在)
  10. 5万円以下で買える、高利回り&低PBR「お宝候補」18社選出【2部・新興】編.. (09/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  2. 2
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月18日発表分) 注目
  3. 3
    今朝の注目ニュース! ★レッグス、Jストリームなどに注目! 注目
  4. 4
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月19日記) New! 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.