ログイン
2018年10月17日 11時31分
経済

訪日外客数の伸び率回復までもう少し、SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

10/17付の「DailyOutlook」では、訪日外客数について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『2018年9月の訪日外客数は、前年同月比5.3%減の216万人となった。2013年1月以来、5年8ヵ月ぶりに減少した(前回の減少は旧正月時期の変動による影響あり)。懸念されていた通り、台風21号による関西空港閉鎖、北海道胆振東部地震による新千歳空港閉鎖などが大きく影響した。6月の大阪府北部地震、7月の豪雨と自然災害の影響による訪日外客数の停滞が一段と厳しさを増した』と伝えています。

続けて、9月末に襲来した台風24号の影響が、10月に残るとみられるが、漸く自然災害も一服した感があることを挙げ、『自然災害は、訪日外客数の一時的な落ち込みをもたらすが、恒常的に減少させたことはなく、10月以降は伸び率が回復すると見込まれる。一方、急激な増加で、訪日外客数の規模は拡大しており、前年同期比での伸び率は徐々に低下している。2017年実績2,869万人をベースに2020年の政府目標4,000万人を達成するには、2018年初から3年間にわたって月平均11.7%増を続ければ可能と試算される。過去のような数十%といった伸び率は必要なく、達成のハードルは比較的低くなっている。7月以降は伸び率が「11.7%」を下回っているが、自然災害のマイナス要因が緩和するとみられる11月からは「11.7%」超えが期待できよう』と分析しています。

さらに、『インバウンド関連銘柄の多くは、来年GWの10連休化の動きもポジティブに寄与、株価下落は押し目の局面と捉えたい』とまとめています。

最後にレポートでは、『訪日外客数の月次推移』を紹介しています。詳しくは10/17付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月12日現在)
  2. 発表本番「米7-9月期決算」、好調確認なら“最高値路線”復帰の見方 <株探トッ.. (10/16)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-2 (10/15)
  4. 急落後の“押し目買い”候補、「好業績&高進捗」リスト 〔第2弾〕 <成長株.. (10/14)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “突風的”急落の後に来るもの (10/14)
  6. 桂畑誠治氏【“一蓮托生”日米株式市場、次の展開はこうなる】(1) <相場観特集> (10/15)
  7. 「人工知能」関連がランキングトップ、AI投資に安倍政権も本腰<注目テーマ> (10/16)
  8. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  9. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編 <割安.. (10/14)
  10. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 先人は「嵐のときは動くな!」と教えているが… (10/14)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ 決算
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.