ログイン
2018年10月14日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 先人は「嵐のときは動くな!」と教えているが…

「先人は『嵐のときは動くな!』と教えているが…」

●肝要なのは「ショック安に巻き込まれないこと」?

“嵐”(株価暴落)は突然に襲来する。マーケットではこれをショック安という。ちなみに、ショック安とは「予期せぬ出来事」だ。相場巧者の是川銀蔵氏は「コンスタントに“利”を確保するためにはショック安に巻き込まれないことが大切」が口グセだった。まあ、「予期せぬ出来事」を事前にどう回避するか、これが素人(しろうと)には難しいのだが……。

ニューヨーク市場は暴落だ。10日のNYダウは831ドル(3.15%)安の2万5598ドル、NASDAQ総合株価指数は315ポイント(4.08%)安の7422ポイントだった。久々の大幅安である。投資家の皆さんの多くが衝撃を受けていると思う。

この日は長期金利の上昇に加え、ムニューシン財務長官が「中国は人民元を不当に安く誘導している。調査を行う」と発言、米中貿易摩擦の激化(世界景気の減速→2020年の企業業績の不透明感)をイヤ気した格好だ。利食い急ぎもあろう。ヘッジファンドの暗躍もある。ただ、ちょっと下げすぎではないか。

●足元は悪材料が続出している状況だが……

日本の株式市場にとってはニューヨーク市場の暴落に加え、上海市場の急落、円高進行(1ドル=112円そこそこ)が痛い。投資マネーは、世界的にリスク回避の姿勢を鮮明にしている。ネットトレーダーは広範囲に追い証が発生、投げ(強制弁済)を余儀なくされている。

さて、こんな状況下で、投資家としてはどう対応するべきだろうか。先人は「嵐のときは動くな!増水時の川底の金貨は拾うな!」と教えている。まあ、これが一般的にはセオリーだろう。しかし、肝要なのはリスクを取る勇気である。この世界は「3%の勝者に、97%の敗者」といわれている。少数意見に耳を傾けよ!という。

すなわち、ほぼ全員が弱気に傾いているいまこそ、逆に突っ込み買いのチャンスではないか。こんな局面では理屈は無用だ。悪材料が続出している?いや、だから急落しているのだ。古来、材料はあとから貨車に乗ってやってくる!と。悪材料は株価が言わしている面もある。

何を狙う。筆者が7~8年ずっと追いかけ、株価の動きを熟知している青山財産ネットワークス <8929> [東証2]、スマートバリュー <9417> [東証2]の突っ込み買いはどうか。さらに、レンゴー <3941> 、エコモット <3987> [東証M]、ソースネクスト <4344> の押し目は買える。

2018年10月11日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【今週読まれた記事】急落……「下値メド」と「復活の条件」は? (10/13)
  2. 急落後の“押し目買い”候補、「好業績&高進捗」リスト 〔第2弾〕 <成長株.. (10/14)
  3. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月12日現在)
  4. レクサスESが「ミラーレス時代」の幕を開ける――消える死角・関連株の行方 <.. (10/13)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “突風的”急落の後に来るもの (10/14)
  6. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「需給が最大の要因」 (10/13)
  7. 10万円以下で買える、2ケタ増益&低PER「お宝候補」25社【2部・新興】編 <割安株.. (10/14)
  8. 今週の「妙味株」一本釣り! ─ サムコ (10/14)
  9. 明日注目すべき【好決算】銘柄 ネオス、グノシー、ワコム (12日大引け後 発表分)
  10. 来週の決算発表予定 北の達人、ベクトル、KOAなど (10月15日~19日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」23社 【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  5. 5
    【今週読まれた記事】成長するテーマ“AI”に眠る大化け銘柄! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.