ログイン
2018年10月20日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「同時株安リスク、米国株の半値戻しポイントに注目」

日経平均株価は10月15日に2万2261円まで突っ込み、ようやく下げ止まった。10月2日高値の2万4448円から日足で基本数値の9本、幅にして2187円(率で▲8.9%)下げて一目均衡表の雲下限(2万2247円)に接近となればいったんは下げ止まってもおかしくない。そして16日、17日の2日間で2万2959円まで700円近く急騰した。急落した後だけに、反発となれば3分の1(729円幅)ほど戻してもおかしくない。

◆だが、反発したからといって「もう大丈夫」とはすぐには言えない。急落の過程で現物や先物に売りが入っており、その買い戻しが一巡すると上値が抑えられ、そしてすぐまた下げ圧力を増すこともある。日足チャートは短期抵抗線や移動平均線(25日移動平均線、75日線、200日線)を軒並み割り込み「陰転」を暗示している。これを「好転」に戻すには少なくとも半値戻し(2万3354円)や25日線(2万3387円)を奪回せねばならない。

◆今回の下落で問題なのは米国を始めとした「世界同時株安」であることだ。ドイツ、イギリス、フランス、イタリアなどの欧州株、上海、深セン、ハンセン、台湾などのアジア株、そのほかブラジル、アルゼンチン、インドネシア、南アフリカ、ロシアなども同じように波乱を呈した。

NYダウ平均は高値から▲7.6%、ナスダック総合は同▲10.2%下げ、いずれも短期抵抗線を割り込んできた。世界の投資マネーがIT大手「FANGプラス」を中心とする米国株に集まり、主要指数はリーマンショックから10年間上げ続けて過去最高値を大きく更新してきた。そうした状況で米国株が陰転すると「親亀コケたら皆コケた」となりかねない。その意味でNYダウ、ナスダックのチャート好転が重要だし、それは外国人投資家が売買シェアの7割を握る日本株の好転にも不可欠だろう。

◆ちなみにNYダウ(17日終値2万5706ドル)の半値戻しは2万5925ドル、ナスダック(同終値7642ポイント)の半値戻しは7690ポイント。好転には少なくともこれらを突破せねばならないが、突破できなければ右肩下がりの圧力がかかり続けることを承知しておきたい。米国の金利上昇や米中貿易摩擦などが同時株安の要因とされるが、それはキッカケに過ぎず、あとは「売り方優勢」という需給がポイントになる。

(8月18日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:自律反発が予想されるも上値は限定的に (10/20)
  2. 新興市場見通し:物色意欲根強いが資金流入減り小型株選好、IPOは1社 (10/20)
  3. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  4. 為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、不安定な長期金利や株価を警戒 (10/20)
  5. 米国株式市場見通し:7-9月期決算が山場 (10/20)
  6. 来週の決算発表予定 花王、日電産、キヤノンなど (10月22日~26日)
  7. 今週の【早わかり株式市況】3週続落、米株の乱高下と中国の景気減速懸念で底値.. (10/20)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 IPS、SKジャパン、ネオス (10月15日~19日)
  9. 【今週読まれた記事】底値探る相場も“押し目買いのチャンス”到来?! (10/20)
  10. 爆上げ旋風IT投資関連! ここから狙う“本命&穴株”10連弾 <株探トップ特集> (10/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月24日発表分) 注目
  2. 2
    量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! 市況
  4. 4
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第2弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月24日現在) 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.