ログイン
2018年10月20日 14時45分
通貨

豪ドル週間見通し:やや強含みか、米中首脳会談への期待高まる


■やや強含み、9月失業率は予想外の低下

先週の豪ドル・円はやや強含み。豪準備銀行(中央銀行)の10月理事会議事要旨では、「目先の金利変更実施には強い根拠はない」とされ、引き続き利上げを急がない姿勢が示された。ただし、9月失業率は予想外の低下を記録したことや、正規雇用者数も増加したことから、豪ドル買いが優勢になった。取引レンジ:79円48銭-80円49銭。

■やや強含みか、米中首脳会談への期待高まる

今週の豪ドル・円はやや強含みか。9月失業率の低下が引き続き好感されるほか、米財務省が中国の為替操作国認定を見送ったことによって米中関係のさらなる悪化は回避されるとの見方が浮上しており、豪ドル売りの圧力はひとまず弱まるとみられる。

○発表予定の豪主要経済指標・注目イベント
・特になし

予想レンジ:79円50銭-81円50銭

《FA》

 提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:自律反発が予想されるも上値は限定的に (10/20)
  2. 新興市場見通し:物色意欲根強いが資金流入減り小型株選好、IPOは1社 (10/20)
  3. 武者陵司 「もっぱらテクニカル暴落、上昇波の跳躍台に」(前編) (10/16)
  4. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「同時株安リスク、米国株の半値戻しポイントに注目」 (10/20)
  5. 為替週間見通し:ドルは上げ渋りか、不安定な長期金利や株価を警戒 (10/20)
  6. 米国株式市場見通し:7-9月期決算が山場 (10/20)
  7. 来週の株式相場見通し=底入れに向け下値模索、ガイダンスリスク回避の姿勢も (10/19)
  8. 来週の決算発表予定 花王、日電産、キヤノンなど (10月22日~26日)
  9. 来週の【重要イベント】景気動向指数改定値、米GDP、日中首脳会談 (10月22日~28日)
  10. 今週の【早わかり株式市況】3週続落、米株の乱高下と中国の景気減速懸念で底値.. (10/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (4月23日記) 市況
  2. 2
    日電産、今期税引き前は22%増で2期ぶり最高益、5円増配へ New! 決算
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:かんぽ生命、国際石開帝石、三井物 注目
  4. 4
    東京為替:ドル・円は111円70銭台、投資家の多くは様子見姿勢に 通貨
  5. 5
    まだある「5G関連」急騰穴株スペシャル “新時代”映す5銘柄は <株探トップ特集> 特集
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.