ログイン
2018年10月24日 8時34分
市況

トレードマスターラボの日経先物大作戦 (10月24日)

「自律反発か!?」

米国株式市場はNYダウは125ドル安と続落して引けています。

本日の 日経平均株価は、昨日の記録に残る下落からの自律反発の展開となりそうです。

なお、ドル/円は112円40銭台で推移中。

本日の日経先物は、2万2100円台で寄り付くことが想定され、上値は2万2200円を持続的に回復維持できれば2万2250円を示現、下値は2万2000円を持続的に割り込むと2万1950円を示現する可能性があります。

【本日の作戦】

方向性は、「もみ合い」を想定しております。よって、上げれば「戻り売り」から、下げれば「押し目買い」からのエントリーでのスキャルピングが良いように思います。

2万2020円のレート以下で引けるかどうかに注目しております。

Twitter「ひとり言トレード」でつぶやく時もあり。

【注目レート】

2万2350円、2万2320円~2万2300円、2万2280円、2万2250円~2万2220円、2万2200円、2万2170円~2万2150円、2万2120円~2万2100円、2万2080円~2万2050円、2万2010円、2万1980円、2万1950円、2万1920円~2万1900円、2万1880円~2万1850円。

方向性を加味した上で、注目レート付近でポジションを取ってみる。次の注目レート、もしくはその次の注目レート(ゾーン含め)を逆に抜けるとロスカット目安、ポジションと同方向にレートが動いた場合は、次の注目レート(ゾーン含め)手仕舞いを狙ってみる、などの見方、使い方ができるかと思います。

さあ、今日も頑張って参りましょう~!

●日経先物について

先物といえば、大豆、とうもろこし、ガス、金?? 先物って怖い!?という勘違いの声もよく耳にします。

日経平均株価の派生商品となるのが、日経225先物です。つまり、日経平均株価に連動して動きます。

●日経225先物のメリット

・日本経済の動きがわかる。

・投資対象が「日経平均株価」ただ1つ。銘柄を選ばなくてよい。

・日経平均株価が上がる、下がるを予想するだけ。

・下がると思えば売建ができる(その場合、下がれば利益となります)。

・取引回数に制限がないため、一日に何度も取引ができる。

・手数料が安い。

・倒産などのリスクがない。

・ほぼ24時間、取引ができる。

・インサイダーなどもなく、極めてフェアな市場(日経平均指数だから)。

・資金効率が高い、レバレッジが効く(少ない証拠金で多くの利益を狙える)。現在であればミニ1枚の取引で約6万6000円ほどの証拠金(SPAN証拠金は変動します)。

・証拠金(ミニ1枚)で日計り1万円のプラス収支も十分見込めます。

●日経225先物のデメリット

・レバレッジ効果によるリスク。

・SQ毎に必ず決済しなければならない。

・株主優待、配当などはない。

効率よくお金を稼ぐのに株、FXでは10万円の資金で一日1万円の利益はなかなか難しいです。その点、日経先物の魅力は上記に挙げている通りです。

※取引をするには「先物・オプション」口座の開設が別途必要になります。

株、FXをご経験者の皆様も一度触ってみてはいかがでしょうか。

【本日の経済スケジュール 】

10月24日(水)

【国内】

★8月景気動向指数改定値(14:00)

★臨時国会召集(~12月上旬)

□IT見本市「Japan IT Week」(幕張メッセ、~26日)

【海外】

□カナダ中銀が政策金利を発表

□ドイツ10月製造業PMI(16:30)

□ドイツ10月サービス業PMI(16:30)

□ユーロ圏10月製造業PMI(17:00)

□ユーロ圏10月サービス業PMI(17:00)

□ユーロ圏9月マネーサプライM3(17:00)

□米国MBA住宅ローン申請指数(20:00)

□米国8月住宅価格指数(22:00)

□米国10月製造業PMI(22:45)

□米国10月サービス業PMI(22:45)

★米国9月新築住宅販売件数(23:00)

□米地区連銀経済報告(ベージュブック)(25日3:00)

□米5年国債入札

□米2年変動利付債入札

【海外決算】

ボーイング、フォード・モーター、マイクロソフト、AT&T、ビザ、F5ネットワークス、アドバンスト・マイクロ・デバイセズ (AMD) 、STマイクロエレクトロニクス、ボストン・サイエンティフィック、ユナイテッド・パーセル・サービス (UPS) 、フリーポート・マクラモン、ラスベガス・サンズ、ダッソー・システムズ

◆株式会社TML 代表取締役社長 堀田勝己

2017年4月トレードマスターラボ株式会社を設立(18年7月に株式会社TMLに社名変更)。株式会社みんかぶ運営の「トレードマスター225」では「トレードマスターM」の名前でメインMCとして登場している。

⇒⇒ 「トレードマスター225」 https://trade-master.jp/LP/?utm_source=kabutan&utm_medium=column&utm_campaign=tm225

⇒⇒ Twitter:ひとり言トレード(@hitorigototrade) https://twitter.com/hitorigototrade

⇒⇒ LINE@登録もお忘れなく。

株探ニュース

トレードマスターラボ

日経平均先物大作戦
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月24日記)
  2. 前場に注目すべき3つのポイント~日本電産アク抜けでやや明るさ取り戻すか (10/24)
  3. 【速報】日経平均600円安、想定外の暴落その真相を探る (10/23)
  4. サウジ記者殺害事件は何をもたらすのか? 暗雲の中東情勢・原油価格の行方.. (10/23)
  5. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-3 (10/22)
  6. 今朝の注目ニュース! ★シーズHD、寺岡製、日電産などに注目! (10/24)
  7. 本日注目すべき【好決算】銘柄 寺岡製、日電産、大正薬HD (23日大引け後 発表分)
  8. まだ間に合う、10月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/23)
  9. 23日の米国市場ダイジェスト:NYダウは125ドル安、世界的な株安を受け投資家心.. (10/24)
  10. 本日の決算発表予定 … 花王、LINE、中外薬など 18社 (10月24日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  3. 3
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場見通し=米中貿易摩擦深刻化を警戒し、日経平均は下値模索の推移 特集
  5. 5
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.