ログイン
2018年10月25日 11時36分
経済

中国当局の強い姿勢は日本株にも支援材料、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

10/25付の「DailyOutlook」では、中国景気について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『10月の日本株市場は、年初来高値を更新後、調整局面を余儀なくされている。背景には、米金利上昇ペースの加速や、通商問題の長期化による米企業業績への懸念などがまず挙げられようが、中国景気に対する警戒感も日本株の上値を抑える一因だろう』と伝えています。

続けて、中国は貿易戦争の矢面に立っていることも当然に先行きのリスク要因だが、個人消費や投資などの内需が軟調に推移していることも懸念材料であることを挙げ、『実際、19日に公表された7-9月期の実質GDPは前年同期比+6.5%と、市場予想以上に減速し、09年以来の低成長となった。また、政策効果が注目されたインフラ投資も鈍化が続いた。ただ、GDPの公表以降、中国の金融当局の幹部が相次いで声明を発表し、企業や金融機関、株式市場への支援策について言及、政府も民間企業の支援を盛り込んだ景気対策の強化を決定し、更には個人所得の課税控除に関する草案を公表するなど、即座に景気のテコ入れ策を示した。前門の虎(米国)後門の狼(内需)と、中国経済に対する不透明感は依然として残るものの、少なくとも中国政府が経済対策へ改めて強い意志を示したことは安心材料だ』と分析しています。

さらに、『当面は波乱含みの展開が想定されるものの、政策効果が顕在化してくるにつれ、世界の景気敏感株とされる日本株にとっても株価上昇の下支え要因として意識されよう』とまとめています。

最後にレポートでは、『中国景気減速を受けた足元の中国政府・要人の動向』を紹介しています。詳しくは10/25付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. <話題の焦点>=米中貿易摩擦で注目度高まる「中国国際輸入博覧会」 (10/25)
  2. 「日経中国関連株50」が10位に浮上、中国株の下値模索で関心高まる<注目.. (10/25)
  3. 【日経中国関連株50】関連の銘柄一覧
  4. 窪田朋一郎氏【不安定な地合い、ハイボラ相場の行く先を探る】(1) <相場観.. (10/22)
  5. 【速報】日経平均600円安、想定外の暴落その真相を探る (10/23)
  6. サウジ記者殺害事件は何をもたらすのか? 暗雲の中東情勢・原油価格の行方.. (10/23)
  7. 今週の上方修正【大予想】 29社選出 <成長株特集> (10/21)
  8. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 いってんがいさんの場合-3 (10/22)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月24日版
  10. まだ間に合う、10月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (10/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月18日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    本日の注目個別銘柄:TATERU、東海カーボ、ヤーマンなど 材料
  4. 4
    大化け株を四季報で探す5ブロック活用術 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):ツルハHD、NEC、Jフロント 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.