ログイン
2018年10月28日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ バーゲンハンターは「恐怖の瞬間」を買う!

「バーゲンハンターは『恐怖の瞬間』を買う!」

●さあ、勇気をふるって、突っ込み買いの準備を!

ひどい相場である。マーケットにはあきらめムードに加え、無気力感が漂っている。10月25日、日経平均株価は瞬間、886円安の2万1204円の安値まで売り込まれた。“底抜け”の状態だ。しかし、ほぼ下値ゾーンに到達しつつある、と判断する。ここは勇気をふるって、突っ込み買いの準備を行う局面だろう。

現在、日経平均の1株利益(予想ベース)は1719円だ。先の安値水準のPERは12.33倍になる。改めて述べるまでもない。ここ数年、日経平均のPERは13~16倍のゾーンで動いている。もちろん、株価は常に、上下に行きすぎる。

2015年6月24日の戻り高値の2万0868円(終値ベース)はPER16.6倍に買われた。買われすぎだ。一方、2016年2月(チャイナ・ショック)は12.89倍、6月(イギリスのEU離脱)は12.82倍、今年3月(アメリカの金利上昇)は12.60倍の水準で底値を形成した。今回も同様の展開となろう。

●空売り比率50%超、PER12.33倍の異常さ!

確かに、外部環境では悪材料だらけだ。しかし、材料はあとから貨物列車に乗ってやってくるもの。株安が言わせている面もあろう。「株価は2019年の世界的な景気減速を織り込み始めた」とか、「トランプ政権は本気で中国の習体制をつぶそうとしている」などがそうだ。まあ、底値圏では悪材料が続出する。

だからこそ、相場のプロは「底値圏では好材料を探せ、なかったら買え」と諭しているのだ。巨利を得たバーゲンハンターはみんなそうじゃないか。背中がゾクゾクッとするような「恐怖の瞬間」を買う。まあ、みんなと一緒にぶん投げているようでは巨利を得るのは難しいが……。

それに、ここでの暴落は投機筋(ヘッジファンド)の暗躍による部分が大きい。彼らはAI(人工知能)を駆使し、ハイ・フリクエンシー・トレーディング&アルゴリズム取引をフル回転させ、売りたたいている。なにしろ、10月23日の空売り比率は50.8%、25日は47.7%だった。東証1部の売買代金の5割が空売りというのはまさしく異常ではないか。

ともあれ、ここは暴落日の赤札銘柄を狙え!のセオリーに従って、順張りパターンのベリサーブ <3724> 、幸和製作所 <7807> [JQ]、インテリジェント ウェイブ <4847> [東証2]、オイシックス・ラ・大地 <3182> [東証M] 、シリコンスタジオ <3907> [東証M]、ブロードバンドセキュリティ <4398> [JQ]などの安いところをじっくりと拾っておきたいと思う。

2018年10月25日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 逆襲の低位株、“陰の極”発「上昇超特急モード」5銘柄+1 <株探トップ特集> (10/27)
  2. 今週の上方修正【大予想】 39社選出 <成長株特集> (10/28)
  3. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」27社【東証1部】編 <割安.. (10/26)
  4. 高成長企業を追う! 7-9月期【増収増益】リスト <成長株特集> 10月26日版
  5. 【今週読まれた記事】長期上昇相場の行方は? ガイダンスリスクを意識 (10/27)
  6. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 蘇生先取りへ、売られすぎ銘柄に照準! (10/28)
  7. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「目先反転も、乱高下続く」 (10/27)
  8. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (10月26日現在)
  9. 明日注目すべき【好決算】銘柄 Vコマース、信越化、日本光電 (26日大引け後 発表分)
  10. 来週の決算発表予定 ソニー、ファナック、任天堂など (10月29日~11月2日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    日経平均24日前引け=続伸、107円高の2万1728円 市況
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (07月24日) 注目
  3. 3
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月24日記) 市況
  4. 4
    サイバー、今期経常を50%上方修正 決算
  5. 5
    話題株ピックアップ【昼刊】:SUMCO、アドテスト、郵船 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.