ログイン
2018年11月19日 16時34分
市況

個人投資家中原良太:改めてウォーレン・バフェットの凄さを知った【FISCOソーシャルレポーター】

以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家中原良太氏(ブログ「株式予報」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。

----

※2018年11月17日10時に執筆

From: 中原良太

自宅の書斎より、、、

「3ファクターモデル」で有名なKenneth R. French教授のデータ・ライブラリを分析してみました。彼のライブラリのデータを集計したところ、ここ20年間においては上昇相場では「高収益」な会社ほど株価が上がりやすく、下落相場では「割安」な会社ほど株価が上がりやすかったようです。

「株を買うなら割安な方が良い!」「会社は高収益なほど安全だし成長しやすい!」なんてことは、投資家なら誰にでも分かることです。とはいえ、個人的にこの発見は驚くに値することでした。

何より驚いたのが、投資の神様、ウォーレン・バフェット氏の銘柄選別法の有効性が、そのまま証明されるような結果だったことです。

バフェット氏は、長年に亘って、ベンジャミン・グレアムから学んだ「割安株投資」と、フィリップ・フィッシャーから学んだ「成長株投資」の双方を組み合わせて投資を行ってきたと言われています(ただし、彼の素晴らしさは企業選びだけではなく、買収した会社を「経営する」という手腕も含めてのものであることは、言うまでもありません)。

冒頭で挙げた「高収益」「割安」の2要素は、バフェットが投資をする際、最低限、投資先に求めるポイントと被る部分が多いように思います。しかも、それぞれが真価を発揮する時期は、それぞれ異なる相場環境だと言うのだから、面白い。

バフェットのように「高収益」かつ「割安」の企業に賭けていれば、上昇相場では収益性の高さが評価され、下落相場では割安性が評価されることになるのでしょう。彼の手法を使っていれば、(多少、時流に振り回されることがあったとしても)トータルで見れば、インデックスを大きく上回ることができるのではないか?と、そう思う訳です。

もちろん、これはあくまで「過去」の話ですから、これから先もずっと有効なのか?という話とは別問題です。とはいえ、ぼく自身、18歳の若かりし頃に学んだ「バリュー株投資」や「グロース株投資」が、最近でも有効だったという結果を知り、興奮せずには居られませんでした。

- 中原良太

----

執筆者名:中原良太

ブログ名:株式予報

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「米中通商合意近い、テクニカル株価調整の出口近し」 (11/19)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 狙うべきは“年末需要”の恩恵銘柄! (11/18)
  3. 到来「仕掛け」絶好機、決算通過で急騰秒読み“小型株最強選抜”10銘柄 <株探.. (11/17)
  4. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 10 銘柄  S安= 1 銘柄 (11月19日)
  5. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):島精機、フロンテオ、ペッパー (11/19)
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):東エレク、日本CMK、小野薬 (11/19)
  7. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):アドベンチャ、コマツ、国際チャート (11/19)
  8. 【↑】日経平均 大引け| 3日ぶり反発、米中貿易摩擦懸念一服でリスク選好の買い (11/19)
  9. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (11月19日) [プレミアム専用]
  10. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第1弾〕 27社選出 <成長株特集> (11/18)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (10月17日記) 市況
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★フェスタリア、カルタHD、三信電などに注目! 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【昼刊】:村田製、コロプラ、日本通信 注目
  4. 4
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (10月16日発表分) 注目
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 10月16日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.