ログイン
2018年11月25日 9時00分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 材料はあとから貨物列車に乗ってやってくる!

「材料はあとから貨物列車に乗ってやってくる!」

●安いところは愚直に買うに限る!

古来、材料はあとから貨物列車に乗ってやってくる!という。なにゆえか、株価が下がると、悪材料が続出する。ここ数週間がそうだ。アップル・ショックに加え、ゴーン・ショック、NYダウの大幅安、エヌビディアに対するレーティングの相次ぐ引き下げなど、気の休まるときがない。市場センチメントは冷え切っている。

確かに、日経平均株価の予想PERは12倍前後と、数年来の低水準にある。1株利益(EPS予想ベース)は1773円と、史上最高水準だ。しかし、株価は価値(企業業績)だけで決まるわけではない。需給、人気がPER(株価収益率)を通じ、株価を大きく左右する。

ちなみに、株価はEPS×PERの計算式によって算出される。株価が上昇するには需給の改善、人気(センチメント)の高まりが不可欠だろう。需給では外国人の売り一巡、買い越し転換が絶対条件だ。これはヘッジファンドの決算が通過した12月初旬以降に実現すると思う。

●肝要なのは信念を持って行動すること!

それに、株価は乱高下するもの。特に、最近はボラティリティ(株価変動率)が極端に高くなっている。この激しい値動きに振り回されていてはダメだ。信念を持って行動する必要がある。ともあれ、こんな安値ゾーンで弱気になっては相場に負ける。逆に、ここは突っ込み買いのチャンスではないか。

何を狙うか。やはり、好業績の伊藤忠テクノソリューションズ <4739> 、コムシスホールディングス <1721> 、アンリツ <6754> 、ネットワンシステムズ <7518> などを。全般相場が低迷しているからこそ、安いところが買える。長期・逆張りの投資家にとっては「待望のチャンス到来」である。

小物では電子ビーム装置が伸び、収益構造が一変(1株利益は2018年3月期が38円、19年3月期が144円、20年3月期が167円予想)のホロン <7748> [JQ]に妙味があろう。

このほか、理不尽に売り込まれているスマートバリュー <9417> [東証2]の700円以下、青山財産ネットワークス <8929> [東証2]の1400円前後は突っ込み買いの好機と判断する。青山財産の18年12月期の1株利益は94.54円と会社側が公表しているが、事情通は「100円を超える」と。

配当については「配当性向50%をメドに」と公約している。現状のEPS水準でも配当は40円(前期は30円)以上となる。これは魅力ではないか。

2018年11月21日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 【緊急特集】2025年「大阪万博」開催決定! ドリームアイランド夢洲に乗る関連.. (11/24)
  2. 18年7-9月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 25社選出 <成長株特集> (11/25)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 土志田剛志さんの場合-3 (11/21)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (11月22日現在)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ ゴーン逮捕の衝撃、“カリスマ”去りし後 (11/25)
  6. 10万円以下で買える、売上&経常最高「お宝候補」32社【2部・新興】編 <割安株.. (11/24)
  7. まだ間に合う、11月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (11/20)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:キャッシュレス&セルフレジ関連に続くテーマとは? (11/23)
  9. 大復活に乗れ、逆風切り裂き10年超ぶり“最高益&上方修正”銘柄リスト <株探.. (11/20)
  10. 株探|無料会員向け【お気に入り銘柄】登録機能をリリース! (11/20)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    「ソーシャルゲーム」が11位にランクイン、「ドラクエウォーク」好調で注目<注目テーマ> 特集
  2. 2
    本日の【新規公開(IPO)銘柄】アミファ、サイバー・バズ 注目
  3. 3
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
  4. 4
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月19日記) 市況
  5. 5
    「5G」が3位にランク、NTTドコモがプレサービス開始へ<注目テーマ> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.