ログイン
2018年12月6日 17時00分
市況

明日の株式相場見通し=2万1500円を巡る攻防に、大きく下回れば調整長期化も

あす(7日)の東京株式市場は、心理的な下値抵抗ラインとされる2万1500円を巡る攻防で正念場を迎えることになる。もし、この水準を大きく下回った場合には、全体相場の調整が長引く懸念も出てくる。

市場関係者からは「中国のスマートフォンメーカー大手、華為技術(ファーウェイ)の幹部がカナダで逮捕され、米国に引き渡されるとの報道をきっかけに、米中貿易摩擦問題の先行き不透明感が増すとの見方から、東京株式市場でも電子部品株や中国関連株の一角が売られ、全体相場の足を引っ張った。なかでも、次世代無線通信規格のG5でファーウェイと実証実験を推進するなど提携関係にあるソフトバンクグループ<9984>は、午後になって一部の地域で携帯電話サービスが利用しづらい状況が発生したことも加わって大きく値を下げた。日経平均は、11月22日から3日までの7日続伸で積み上げた上昇分を、きょうまでの3日続落でほぼ帳消しにする波乱展開に見舞われ、市場参加者の投資意欲は大きく減退しているようだ」との見方が出ていた。

きょうの東京市場は、前日の米国株市場は休場だったもののリスク回避ムードは拭えず、下値を探る展開が続いた。朝方に中国通信機器大手メーカーファーウェイの幹部逮捕の報道が流れ、これが米中貿易摩擦への懸念を改めて想起させ、電子部品株をはじめ広範囲に売りが及んだ。大引けの日経平均株価は、前日比417円71銭安の2万1501円62銭と大幅安で3日続落した。

日程面では、10月の景気動向指数・毎月勤労統計調査・家計調査に注目。海外では、ドイツ第1党のキリスト教民主同盟党大会で党首選挙、米11月の雇用統計が焦点となる。(冨田康夫)

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

関連記事・情報

  1. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月6日発表分)
  2. 大川智宏の「急落でも慌てない! 押し目狙いの見分け方」 (11/14)
  3. 利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 27社選出 <成長株特集> (12/06)
  4. ★本日の【サプライズ決算】速報 (12月06日)
  5. 通信制御系SIに商機、5G投資で「システム開発関連」跳躍へ <株探トップ特集> (12/06)
  6. 師走IPOの行方、超ド級「ソフトバンク」に視線集中<株探トップ特集> (12/04)
  7. 明日の決算発表予定 積水ハウス、エイチームなど31社 (12月6日)
  8. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (12月6日)
  9. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):SHOEI、Uアローズ、村田製 (12/06)
  10. 【↓】日経平均 大引け| 大幅に3日続落、米中貿易摩擦への警戒を改めて想起 (12月6日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    今朝の注目ニュース! ★サンバイオ、ウィルG、フュトレックなどに注目! 注目
  2. 2
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (9月20日記) 市況
  3. 3
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月19日発表分) 注目
  4. 4
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  5. 5
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.