ログイン
2018年12月12日 16時24分
経済

マレーシア共産党の歴史書が発売禁止処分 事実を歪曲し社会に害及ぼす恐れ

マレーシア政府は近日、マレーシア共産党の歴史書「マレーシア共産党歴史画集(一)」を発売禁止処分とした。虚偽の内容と歪曲された事実によって民衆を惑わし、社会の安寧と秩序を脅かす恐れがあったからだ。今後マレーシアでその図書を印刷・複製・出版・所持することは違法となり、有罪判決が下れば実刑に処される。

マレーシア内政部長Dato’SeriAlwiBinHj.Ibrahim氏は12月7日、「マレーシア共産党歴史画集(一)」の発売禁止を決定したと公告を出した。マレーシア内政部は1984年に制定された「印刷と出版に関する法令(301法令)」に基づいて禁止命令を出した。禁止命令の内容には、図書の印刷・輸入・製作・複製・出版・販売・伝播・所持が含まれる。違反者には三年以下の監禁または2万リンギット(約53.9万円)以下の罰金に処せられ、併科される場合もある。

Dato’SeriAlwi氏によると、歴史画集には共産主義運動を推進する意図があり、大衆を惑わ虚偽の情報を伝播する恐れがある。歴史画集には、国家が独立できたのは共産党の奮闘のおかげであるといった虚偽の情報があり、共産党に対する同情と支持を呼び込む構成となっている。

*マレーシアがなぜ共産党を禁じるのか

マレーシアは共産党と共産主義を厳に禁止している国家の一つである。その背景には、長年共産主義ゲリラによる破壊と殺戮の暗い歴史がある。

マラヤ連邦は後の初代首相となるトゥンク・アブドゥル・ラーマンの努力の下、1957年8月31日に独立した。マレーシア共産党は独立に力を貸さないばかりか、1948年から41年間にわたり武装闘争を行った。

公開された史料によると、マレーシア共産党は1930年代にコミンテルン代表のホーチミンの監督の下正式に結成された。中国共産党の海外支部の形式を取っていたため、中国共産党南洋臨時委員会と呼ばれた。1947年3月、23歳の陳平が総書記となり、共産化した中国との連携を密にした。

1955年、イギリス統治下のマレーシアで初の普通選挙が行われ、連邦自治政府が誕生した。マレーシア共産党と自治政府はマレーシア北部の都市・バリンで会談を開いた。のちに「バリン会談」と呼ばれる会談の席で、マレーシア共産党は共産主義的イデオロギーを放棄しないこと、自治政府がマレーシア共産党の合法的地位を認めることを要求した。自治政府が要求を拒んだため会談は不成立に終わり、マレーシア共産党は武装闘争を再開した。

マレーシア共産党はイギリス植民地当局とマレーシア政府の鎮圧により、勢力を失い始めた。1961年、マレーシア共産党は武装闘争を一度あきらめた。しかし中国共産党のトウ小平がマレーシア共産党指導者であった陳平らを北京に呼び集め、武装闘争の再開を求めたため、武装闘争はその後も20年間続けられた。

マレーシア共産党は武器を取り、陳平もマレーシア・タイ国境の根拠地と北京を行き来していた。毛沢東はマレーシア共産党に対して全力で支援を行った。マレーシア共産党のラジオ放送「革命の声」もイデオロギー戦略を展開した。マレーシア共産党とマレーシア政府軍との間で展開された戦闘には多くの犠牲が伴った。戦闘員だけでなく、一般人も多数死亡した。

陳平はこのように回顧している。「我々は毎年中国に必要経費を報告した。予算は米ドルで組まれていた。北京は状況に応じて支援の額を増やしてくれた。このようなやり取りは、中国が1989年に支援を停止するまで続いた」

中国共産党からの支援が途絶えると、マレーシアやミャンマー、タイの共産党は相次いで武装解除された。中国に移住した東南アジアの共産主義者の多くは失意のうちに亡くなった。

(翻訳編集・文亮)

【ニュース提供・大紀元】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 軟調地合いに負けない好チャート株勢ぞろい、「好業績&割安」で今を逃すな.. (12/11)
  2. アナリスト推奨の裏をかいてリターンを生む方法 (12/12)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):UACJ、サインポスト、博報堂DY (12/12)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):電通、ヤマハ発、ファストリ (12/12)
  5. 【マレーシア】関連の銘柄一覧
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):野村、アスクル、コマツ (12/12)
  7. 【↑】日経平均 大引け| 急反発、 米中摩擦緩和で広範囲に買い戻される (12月12日)
  8. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 9 銘柄  S安= 1 銘柄 (12月12日)
  9. ★本日の【サプライズ決算】超速報 (12月12日) [プレミアム専用]
  10. 明日の決算発表予定 オハラ、ヤーマンなど24社 (12月12日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月16日発表分) 注目
  2. 2
    急騰前夜、“電子書籍ルネサンス” 新章突入で「大化け期待の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第2弾〕 29社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 意外に打たれ強い日本の株式市場! 市況
  5. 5
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 悪材一色の市場、芽吹く逆転の好材料 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.