ログイン
2018年12月28日 5時20分
注目

前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?―


■メドレックス <4586>  512円 (+80円、+18.5%) ストップ高

 メドレックス <4586> [東証M]がストップ高。26日の取引終了後、欧州で出願中の痙性麻痺治療貼付剤CPN-101(MRX-4TZT)を包含する「薬剤と有機溶媒と親油性膏体基剤と粉体を配合した貼付製剤組成物」について欧州で特許査定を受けたと発表しており、これを好材料視した買いが入った。同特許は、痙性麻痺治療貼付剤CPN-101(チザニジンテープ剤)を含む複数の製剤をカバーする基本特許の一つ。日本やオーストラリアでCPN-101及び中枢性鎮痛貼付剤MRX-1OXT(オキシコドンテープ剤)をカバーするものとして成立しており、米国、ブラジル、カナダ、中国、インドで出願中という。また、18年12月期業績への影響はないとしている。

■中野冷機 <6411>  7,020円 (+1,000円、+16.6%) ストップ高

 中野冷機 <6411> [JQ]がストップ高。26日大引け後、配当方針を変更し今期から3年間、連結配当性向100%、1株あたり配当金額の下限300円を目標に掲げると発表したことが買い材料視された。これを踏まえ、18年12月期の期末一括配当を従来計画の95円→320円(前期は100円)に大幅増額修正。前日終値ベースの配当利回りは5.32%に上昇した。併せて、発行済み株式数の43.4%にあたる388万6000株の自社株を消却すると発表しており、株主還元策の強化を好感する買いが向かった。

■NEXT 原油ブル <2038>  1,052円 (+150円、+16.6%) ストップ高

 NEXT NOTES 日経・TOCOM 原油ダブル・ブル ETN <2038> [東証EN]がストップ高。同銘柄は原油市況動向にリンクさせたETNで、指数の前日比変動率の2倍の値動きを想定したボラティリティの高さが特長。前日に原油市況が急反発、WTI原油先物価格は3ドル69セント高の1バレル=46ドル22セントまで回復しており、これを背景に投資資金が流入した。

■ベネ・ワン <2412>  3,335円 (+411円、+14.1%)

 ベネフィット・ワン <2412> が続急騰。27日付の日経産業新聞で「会員制ワインサービスを開始した」と報じられており、これを好材料視した買いが入った。記事によると、定額の会員料金を支払うと、ワインを卸値で購入したり、試飲会などのイベントに参加したりできるという。会社側では18日に発表しているが、全般市場の好転で改めて注目が集まっているようだ。

■サイボウズ <4776>  679円 (+73円、+12.1%)

 サイボウズ <4776> が続急騰。同社はグループウェアのソフト開発を手掛けるが、クラウド事業が企業の高水準の需要を捉え好調に推移しており、収益を押し上げている。そうしたなか、26日取引終了後に18年12月期業績予想の上方修正を発表、経常利益は従来予想の8億5000万円~10億円から12億円~13億円に大幅増額しており、これを好感する買いを呼び込んだ。

■PCNET <3021>  621円 (+66円、+11.9%)

 パシフィックネット <3021> [東証2]が続急騰。26日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(6-11月)連結業績について、営業利益を1億500万円から1億1500万円(前年同期比79.7%増)へ上方修正したことが好感された。使用済みパソコンの回収台数が当初予想よりも低位で推移し、フロー収益であるリマーケティング事業(IT機器リユース販売事業)の売上高が想定を下回っていることから、売上高は22億1000万円から19億5400万円(同10.7%減)へ下方修正したが、ストック収益の柱であるライフサイクルマネジメント事業が順調に拡大しているほか、IT機器リユース販売事業も選択と集中が奏功して利益率が向上しており、これらが営業利益を押し上げたとしている。なお、19年5月期通期業績予想は、売上高のみ45億円から41億円(前期比7.5%減)へ下方修正している。営業利益は3億1000万円(同30.3%増)、純利益は2億円(同26.6%増)で据え置いた。

■エボラブルA <6191>  1,892円 (+198円、+11.7%)

 エボラブルアジア <6191> が続急騰。26日の取引終了後、ホテルの企画・開発、運営委託事業を手掛けるスターリゾート(東京都渋谷区)に資本参加したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。今回の資本参加は、投資事業の一環で、スターリゾートの今後の成長によるリターンを期待しているという。なお、19年9月期業績への影響は軽微としている。

■川口化 <4361>  997円 (+103円、+11.5%)

 川口化学工業 <4361> [東証2]が続急騰。26日大引け後、18年11月期の連結経常利益を従来予想の1億8000万円→2億3900万円に32.8%上方修正。減益率が30.2%減→7.4%減に縮小する見通しとなったことが買い材料視された。自動車関連メーカー向けを中心に化学工業薬品の販売が伸びたことが寄与。稼働率向上や合理化効果による原価低減も上振れに貢献した。前日終値ベースの予想PERが9.1倍→6.5倍に低下し、割安感が強まったことも支援材料となった。

■ハイデ日高 <7611>  2,085円 (+169円、+8.8%)

 ハイデイ日高 <7611> が続急伸。26日の取引終了後に発表した第3四半期累計(3-11月)単独決算が、売上高313億9500万円(前年同期比3.8%増)、営業利益36億6400万円(同2.1%減)、純利益24億1500万円(同0.2%減)となったが、22日付の日本経済新聞で「2018年3-11月期の単独営業利益は、前年同期比2%減の35億円強だったようだ」と報じられていたことから、この観測を上回っていることが好感されたようだ。根強い「ちょい飲み」需要に加えて、4月以降に一部商品を値上げした効果などで既存店売上高が前年同期比1.5%増となったことに加えて、期中に日高屋12店舗、焼鳥日高3店舗の計15店舗を出店(退店は7店舗)したことも寄与し売上高は増収を確保した。ただ、正社員やパート・アルバイトのベースアップを実施したことで人件費が膨んだほか、光熱費の増加もあり、減益を余儀なくされた。

■弁護士COM <6027>  3,415円 (+275円、+8.8%)

 弁護士ドットコム <6027> [東証M]が急反発。同社が26日にWeb完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約件数が50万件を突破したと発表したことが買い材料視された。

■黒崎播磨 <5352>  6,580円 (+520円、+8.6%)

 黒崎播磨 <5352> が大幅高で5日ぶりに急反発。同社は26日、スペイン子会社を通じて現地の耐火物メーカーであるリフラクタリア社の全株式を取得したと発表しており、これを好材料視した買いが入った。スペイン子会社の新たな成長戦略の一環として現地の耐火物メーカーのM&Aを検討していたところ、両社製造品の相互補完によるスペイン国内外での拡販が見込めるとして、今回の買収を判断し11月30日付で全株式を取得したという。これにより、リフラクタリア社は黒崎播磨の連結子会社となる。同時に、インドのタタ・スティールなどとの共同出資会社である連結子会社タタ・リフラクトリーズ(TRL)社について、タタ・スティールが所有するTRL社株式の全てを28日付で取得すると発表しており、これも好材料視されている。持ち分利益の一層の拡大を図るのが狙いで、今回の追加取得により黒崎播磨の所有割合は51.0%から77.6%に拡大する

■アカツキ <3932>  5,140円 (+380円、+8.0%)

 アカツキ <3932> が大幅高で3日ぶり急反発。26日の取引終了後、スクウェア・エニックス(東京都新宿区)と共同開発し今月6日に配信を開始した「ロマンシング サガ リ・ユニバース」が1000万ダウンロードを突破したと発表しており、これを好感した買いが入った。「ロマンシング サガ リ・ユニバース」は、「ロマンシング サガ」シリーズの23年ぶりの完全新作。1000万DLを記念して28日から「1000万ダウンロード記念ログインボーナス」を開催するとあわせて発表している。

■ライオン <4912>  2,284円 (+166円、+7.8%)

 ライオン <4912> が続急伸。26日の取引終了後、香川県坂出市に新ハミガキ工場を建設すると発表しており、これを好感した買いが入った。100%子会社ライオンケミカルのオレオケミカル事業所敷地内に建設を予定しており、投資額は約350億~400億円。オーラルケア市場は、国内での健康志向の高まりに加えて、高品質な日本製品に信頼を寄せる海外顧客の支持を得て需要が拡大しており、これに対応する。なお、21年中の稼働を予定している。

■信越ポリ <7970>  677円 (+42円、+6.6%)

 信越ポリマー <7970> が続急伸。26日の取引終了後、合成樹脂製品の製造・販売を手掛けるタイのハイミックス社の全株式を取得し子会社化すると発表しており、これを好材料視した買いが入った。今回の買収は、東南アジアでの事業拡大を進めるための生産拠点を確保するのが狙い。取得価額は非開示で、19年3月期業績への影響は現在精査中としている。

※27日の上昇率が大きかった銘柄を株価変動要因となった材料とともに抜粋。

株探ニュース

関連記事・情報

  1. 前日に「買われた株!」総ザライ (2) ―本日につながる期待株は?― (12/28)
  2. 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (12月27日発表分)
  3. 2019年「新春特集」のご案内 (12/27)
  4. 新年相場を彩る、19年2月期【上方修正】候補リスト <成長株特集> (12/27)
  5. 武者陵司 「株式暴落の正体」 (12/27)
  6. “不眠大国”返上へ、19年相場「スリープテック関連株」目覚めの時 <株探トッ.. (12/27)
  7. 新春相場にバトンを繋ぐ好実態株、最高益更新の超割安株に仕込み好機!<株探.. (12/26)
  8. 大川智宏の「IPOでつまずいたソフトバンク株、急落相場に強い可能性も」 (12/26)
  9. MACD【買いシグナル】低PBR 20社選出 <テクニカル特集> 12月27日版
  10. 暴落だからこそ買い場! 株主優待&配当利回りで買う有望株リスト <株探トップ.. (12/25)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (04月24日) 注目
  2. 2
    ファナック、今期経常は54%減益へ 決算
  3. 3
    株価大幅上昇のLINEに順張りのコール買いが目立つ(24日10:00時点のeワラント取引動向) 経済
  4. 4
    強い株につけ! 新値圏走る“割安・元気印”銘柄に勝利の予感 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    個人投資家中原良太:最強のバイオ株!?医学生物科学研究所【FISCOソーシャルレポーター】 市況
▶︎人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.