ログイン
2019年1月8日 7時30分
通貨

NY為替:米中通商協議再開でリスク選好の円売り優勢

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、108円21銭から108円75銭まで上昇し、108円74銭で引けた。予想以上に悪化した米国の12月ISM非製造業景況指数を嫌ったドル売りが優勢となったのち、米中通商協議の再開に貿易問題解決期待が強まり、リスク選好の円売りが再燃した。

ユーロ・ドルは、1.1440ドルから1.1483ドルまで上昇して1.1475ドルで引けた。欧米金利差の拡大観測が後退し、ユーロの買戻しに拍車がかかった。ユーロ・円は、123円83銭から124円80銭まで上昇。リスク選好の円売りが継続した。ポンド・ドルは、1.2748ドルから1.2787ドルまで上昇した。ただ、合意ない離脱への警戒感に上昇も限定的だった。ドル・スイスは、0.9788フランまで下落後、0.9820フランまで反発した。

《MK》

提供:フィスコ

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    10万円以下で買える、今期増益増収&低PER 27社 【東証1部】編 <割安株特集> 特集
  2. 2
    大波乱相場の真相と処方箋 この中低位7銘柄で3月相場に臨め! <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    【今週読まれた記事】覇道!ハイテク株に“買い場到来”か 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 日米両市場ともに波乱だが、懸念は無用! New! 市況
  5. 5
    急落後のリバウンド狙う、ボリンジャー【-3σ】ブレイク銘柄 18選出 <テクニカル特集> 2月26日版 特集
人気ニュースベスト30を見る
ログイン プレミアム会員登録
PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.