ログイン
2019年1月17日 11時50分
経済

安川電を参考に決算発表後の相場動向を考察すると、SMBC日興証券(花田浩菜)

こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1/17付の「DailyOutlook」では、決算発表後の相場動向について考察しているのでご紹介します。

まず同レポートでは、『来週以降、2018年10-12月期決算発表が本格化する。決算発表後の相場動向を考察する上で、10日発表の安川電(6506)決算、その後の株価推移は参考となろう』と伝えています。

続けて、安川電の19/2期9-11月期決算は不振であったことを挙げ、『営業利益実績は111億円(決算期変更で前期比較できず)と、6-8月期の133億円より減速。通期の営業利益計画は590億円から530億円へ、今期2度目の下方修正され、決算発表前の市場コンセンサス565億円を下回った。しかし、決算発表後の安川電の株価はさほどネガティブに反応していない。翌11日の株価は前日終値を挟んで推移、その後も底堅く推移している。会社は、業績不振の理由を半導体需要の減速に伴う半導体メーカーの設備投資意欲の後退や中国市場の弱含みとしている。こうした悪材料は市場で相当程度織り込み済みのようだ』と分析しています。

さらに、『化学や機械、電気機器、精密機器といった業種には、半導体市場や中国経済の先行き不透明感を背景に2018年前半より株価調整してきた銘柄が多くある。安川電をみる限り、これら材料を主因に決算内容が市場コンセンサスを多少下回ったとしても、過度な悲観は必要ないだろう。つまり、株価は相応の調整期間を経て、悪材料に対する耐性を備えているとみられる。因みに、主要企業の決算発表は、23日に日電産(6594)、29日に信越化(4063)、30日に日立建(6305)、TDK(6762)などが予定されている』とまとめています。

最後にレポートでは、『安川電(6506)の決算発表前後における株価推移』を紹介しています。詳しくは1/17付の「DailyOutlook」をご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介しますね。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《ST》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 究極の5テーマ5銘柄・「最強材料株セレクション」次なる候補<株探トップ特集> (01/12)
  2. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 1月16日版
  3. 配当利回り“3%超”の【最高益】リスト〔第2弾〕 44社選出 <成長株特集> (01/14)
  4. 「量子コンピュータ」のテーマ性再燃へ、米主導で最先端分野への投資積極化へ.. (01/15)
  5. 5万円以下で買える、財務健全・低PBR「お宝候補」30社 【2部・新興】編 <割安.. (01/14)
  6. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  7. 「直近IPO銘柄」活躍シーズン来たる! 相場の低迷期登場で“逆転買い”好機.. (01/15)
  8. IoT・AI活用で生産性革命、「予知保全」で新境地拓く銘柄群<株探トップ特集> (01/16)
  9. 大塚竜太氏【節分天井? 強調展開続く東京市場の行き先は】(1) <相場観特集> (01/15)
  10. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 陰極まれば陽転、悪材織り込み次第高! (01/13)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月20日発表分) 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (05月20日) 注目
  3. 3
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):レオパレス、マルハニチロ、三井不 注目
  4. 4
    令和相場“反撃のシナリオ”、爆速上昇!「AI」隠れ有望株5銘柄 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    再攻の機近づく!「20年3月期ピーク益更新」の割安有望株リスト <株探トップ特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.