ログイン
2019年1月21日 15時44分
特集

レカム Research Memo(4):6万社の顧客基盤と価格以上のクオリティの商品・サービスを提供できることが強み

■強みと事業リスク

1. 競合と強み

レカム<3323>の主力事業である情報通信事業においての競合企業として、ビジネスホンなどの通信機器ではエフティグループ<2763>、フォーバルなどを挙げることができる。また、デジタル複合機では大塚商会<4768>、キヤノンマーケティングジャパン<8060>などと競合する。一方、BPO事業においては、オフショア拠点活用というモデルから大手のトランスコスモス<9715>を筆頭とするアウトソーシング企業が競合先と考えられる。

こうした状況下で、同社の強みは、中小企業約6万社の顧客基盤を保有することに加えて、低価格ながら、価格以上のクオリティの商品・サービスを提供していることを挙げることができる。また、それを支えている訪問販売主体によるコンサルティング営業の営業力も大きな強みである。さらに近年では、各既存事業と同業で直接的なシナジーが見込める企業をM&Aにより買収し、それらが業績拡大に大きく貢献しており、これまで培ってきた同社の商社機能としての目利きも大きな強みとなっている。一方、BPO事業においては、大連、長春、上海、ミャンマーの4拠点でフルラインナップの受託が可能な体制を構築しており、ユーザー先が委託業務の切り分けをする必要がないワンストップBPOサービス体制を構築していることで差別化している。さらに、中国・ベトナムにおいて、LED照明や情報通信機器の販売体制を構築している点も強みと言えるだろう。

2. 事業リスク

事業等のリスクとして、人材の確保・育成を挙げることができる。同社の中期経営計画では、主に国内の環境関連事業で営業員を採用し、育成したのちに情報通信事業、BPO事業や海外法人事業へ配置転換することにより、各事業の業績を大きく伸ばす戦略となっており、同社の計画どおり人材を採用、育成できない場合には、業績が伸び悩む可能性がある。しかし、2018年9月期末時点では、人材の配置転換は順調に進んでいる。直販店の営業要員をBPO事業や海外事業に転換したことなどで、一時的に直販店の営業人員が減少しているが、2019年の新卒採用者を配置し、育成する計画となっている。

加えて、主力の情報通信事業ではリース契約を利用する販売形態であるため、国際会計基準への変更等によりリース契約が成立しなくなるような場合には、業績に悪影響が出る可能性がある。一方、BPO・海外法人事業については、業務運営の拠点である中国、ベトナム、ミャンマーなどのカントリーリスクを挙げることができる。

なお、直近5年間では積極的なM&Aがいずれも成功し、業績拡大に大きく貢献しているが、提携先との協調が失敗した場合には、投資額の損失のみに限らず同社事業全体への影響を及ぼす可能性がある。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)

《RF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 【杉村富生の短期相場観測】 ─ 個別物色機運は極めて旺盛だぞッ! (01/20)
  2. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 新興市場に灯った先高予見のサイン (01/20)
  3. 発表迫る、低PBRの19年3月期【上方修正】期待リスト〔第1弾〕 <成長株特集> (01/20)
  4. 「中国リスク修正相場」は到来するか ヤマ場迎えた米中貿易協議<株探トップ.. (01/19)
  5. 利益成長【青天井】銘柄リスト〔9-11月期〕UUUMなど15社 <成長株特集> (01/17)
  6. 10万円以下で買える、高ROE&低PER「お宝候補」 16社 【2部・新興】編 <割安株.. (01/20)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (1月18日現在)
  8. 個人投資家・有限亭玉介:よく動く株を狙って利ザヤを狙う【FISCOソーシャル.. (01/19)
  9. 大荒れだろうが全額投資を続ける!~「フルインベスター3人衆」座談会-第2回 (01/16)
  10. 「サイバーセキュリティ」が5位にランク、政府はサイバー対策の指針改定へ.. (01/17)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (5月23日発表分) 注目
  2. 2
    元気寿司---大幅反発、野村證券がレーティング「Buy」継続 材料
  3. 3
    絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第1弾〕 33社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    明日の株式相場見通し=米中貿易摩擦深刻化を警戒し、日経平均は下値模索の推移 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.