ログイン
2019年2月16日 14時53分
通貨

ユーロ週間見通し:弱含みか、ユーロ圏の景気減速への懸念強まる

■弱含み、ドイツ経済の減速などが嫌気される

先週のユーロ・ドルは弱含み。ユーロ圏の12月鉱工業生産が予想以上に落ち込んだほか、ドイツの10-12月期国内総生産(GDP)速報値は前期比0.0%にとどまり、ユーロ売りが強まった。スペインで2019年政府予算案が否決され、早期総選挙の実施が決まったことも懸念された。取引レンジ:1.1234ドル-1.1342ドル。

■弱含みか、ユーロ圏経済の成長鈍化の思惑残る

今週のユーロ・ドルは弱含みか。ユーロ圏のZEW景況感調査や製造業PMIなど経済指標が手がかり材料になりそうだ。市場予想を下回った場合、域内経済の成長鈍化への懸念は強まり、ユーロ売りが優勢となりそうだ。

予想レンジ:1.1150ドル-1.1400ドル

■強含み、米中協議継続への期待残る

先週のユーロ・円は強含み。ユーロ圏経済の成長鈍化に対する警戒感は消えていないものの、米中貿易協議の継続が決まったことでリスク回避のユーロ売り・円買いは縮小した。米ドル・円相場がやや下げ渋ったことも影響したようだ。取引レンジ:124円20銭-125円54銭。

■弱含みか、ユーロ圏の景気減速への懸念強まる

今週のユーロ・円は弱含みか。域内経済の減速を懸念したユーロ売り・米ドル買いは継続する可能性があることや、スペインの政局不安がユーロ高を阻む要因となりそうだ。ただ、米中貿易協議進展への期待は残されており、リスク回避的なユーロ売り・円買いが大きく広がる可能性は低いとみられる。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・19日:2月ZEW景気期待指数(1月:-20.9)

・21日:マークイット2月製造業PMI(予想:50.5)

予想レンジ:123円00銭-125円50銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 武者陵司 「中国ペシミズムへの違和感、米中妥協後に来る投資チャンス」 (02/16)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「マーケット復活の流れに従う」 (02/16)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 (02/16)
  4. 来週の決算発表予定 CREロジ、INV、キタックなど (2月18日~22日)
  5. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発・一時2万1000円回復、ヘッジファンドが買.. (02/16)
  6. 【今週読まれた記事】いま“最強”の投資テーマ「5G」 (02/16)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 リリカラ、メドピア、ラクオリア (2月12日~15日)
  8. 来週の【重要イベント】機械受注、貿易統計、消費者物価指数 (2月18日~24日)
  9. 来週の株式相場見通し=米中交渉にらみ2万1000円攻防に、外部要因に過敏に.. (02/15)
  10. 逆風下でも成長堅持!10-12月期【増収増益】リスト <成長株特集> 2月14日版

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  4. 4
    大塚竜太氏【嵐の前の静けさ? 閑散商状続く東京市場】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):フリービット、森永乳、エニグモ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.