ログイン
2019年2月16日 14時54分
経済

国内外の注目経済指標:日本の1月貿易収支は1兆円超の赤字予想

2月18日-22日週に発表予定の主要経済指標の見通しについては以下の通り。

■20日(水)午前8時50分発表予定

○(日)1月貿易収支-予想は-1兆371億円

参考となる1月上中旬の貿易収支は-1兆111億円。赤字幅は前年同期比をわずかに上回った。1月上中旬の輸出額は前年同期比-8.9%で輸出減少が赤字幅拡大の要因。1月については、輸出金額が前年同月比を下回ると予想されており、貿易赤字幅は1兆円を上回る可能性が高い。

■21日(木)午後6時発表予定

○(欧)2月マークイットユーロ圏総合PMI速報値-予想は51.0

参考となる1月改定値は12月の51.1から51.0に低下したが、速報値の50.7からは上方修正された。財とサービスの需要は低下していることが要因。2月については、域内経済の減速傾向は続いていることやサービス部門の景況感はやや悪化しているとみられており、1月改定値の51.0と同水準となる可能性があるとみられる。

■21日(木)午後10時30分発表予定

○(米)12月耐久財受注-予想は前月比+1.7%

参考となる11月実績は前月比+0.7%。輸送関連を除くと新規受注額は-0.3%。軍用機・同部品は大幅増となったが、機械、電気機器、自動車・部品などが減少。12月は軍用部門の受注額は小幅な増加にとどまる見込みだが、機械、電気機器の受注額は増える可能性があることから、受注額の伸びは11月実績を上回る可能性が高い。

■21日(木)日本時間22日午前0時発表予定

○(米)1月中古住宅販売件数-予想は500万戸

参考となる12月実績は499万戸、前月比-6.4%で市場予想を下回った。販売価格(中央値)は25.36万ドルで前年同月比+2.9%。金利上昇の影響が出始めているようだ。ただし、販売価格は上昇しており、中古住宅市況が一段と悪化する状況ではないとみられる。雇用情勢は悪化していないことから、1月の販売件数は12月並みの水準を維持する見込み。

その他の主な経済指標の発表予定

・21日(木):(独)2月マークイット総合PMI、(米)2月マークイット総合PMI、(米)2月フィラデルフィア連銀景況調査

・22日(金):(日)1月全国消費者物価指数、(独)10-12月期国内総生産

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「マーケット復活の流れに従う」 (02/16)
  2. 【今週読まれた記事】いま“最強”の投資テーマ「5G」 (02/16)
  3. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-1 (02/14)
  4. 10万円以下で買える、3期連続増益&低PBR「お宝候補」19社【東証1部】編 <割安.. (02/15)
  5. 来週の株式相場見通し=米中交渉にらみ2万1000円攻防に、外部要因に過敏に.. (02/15)
  6. 今週の【早わかり株式市況】大幅反発・一時2万1000円回復、ヘッジファンドが買.. (02/16)
  7. 今週の【話題株ダイジェスト】 リリカラ、メドピア、ラクオリア (2月12日~15日)
  8. ★本日の【サプライズ決算】速報 (02月15日)
  9. 個人投資家・有限亭玉介:業績好調な企業&インターネット広告関連にも注目.. (02/16)
  10. 始まった「5Gバブル相場」、恐るべきメガ上昇波に乗る“5銘柄+1” <株探.. (02/09)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月17日発表分) 注目
  2. 2
    高成長&フレッシュ新興株、“大化け候補”8銘柄リストアップ <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    日経平均の半値サインは出る? 「お宝株」探しはどこに注目? 特集
  4. 4
    大塚竜太氏【嵐の前の静けさ? 閑散商状続く東京市場】(1) <相場観特集> 特集
  5. 5
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):フリービット、森永乳、エニグモ 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.