ログイン
2019年2月24日 9時15分
市況

【植木靖男の相場展望】 ─ 日本株市場は天気晴朗なれど浪高し

「日本株市場は天気晴朗なれど浪高し」

●ポイントとなる週末・週初の米国株

株価は、ここ滞りなく、順調に水準を切り上げてきた。年明け後、2月8日に初めて大幅下落となったとき、投資家は背筋に寒気を憶えたが、翌日には急反騰して首の皮一枚つながり、なんとか乗り切った。

その後は多少ふらつく場面もあったが、順調といえる。

2月8日の大幅下落の要因は、言うまでもなく米国株の急落がもたらしたもの。改めて今の日本株は米国株次第であることを痛感させられた。

その米国株は、昨年12月24日安値から今日まで19%も値上がりしている。日経平均株価は僅か12%アップに過ぎない。このことをもって日本株は出遅れだ、とする見方もあるが、相場に間違いはないのだ。日本株には出遅れるだけの理由があるからだ。

いずれにしても、日本株は米国株にけん引されているのだ。

米国株上昇の要因は、米中貿易協議進展への期待とFRB(米連邦準備制度理事会)の保有資産縮小の停止予想に尽きる。

では、今後は日本株はどう展開するとみればよいのか。

米国株次第なら、その米国株をどうみるか。昨年10~12月の大幅下落の反動、修正高はやはり大枠1~3月とみれば、この間通常みられる中押しはもうそろそろ始まってもよいはず。

2月21日の米株急落はひょっとしてそのきっかけとなるかもしれない。

22日の週末、25日の週明け相場はかなり重要である。注目したい。

●強まる警戒心、物色は出遅れ株へ

日本株は米国株に追随するが、ここ気になることは場中、理由もなくずるーっと下げることがある。本当に強気相場のときは、こうした下落はみられない。警戒心が強まってきた証しといえよう。

上昇の日柄が延び、株価水準が上昇すれば、それだけリスクが膨らむのは自然の理であろう。

一言でいえば、日露大海戦時の秋山真之少佐が綴った「天気晴朗ナレドモ浪高シ」である。

注目すべきは、仮に下押した場合、どの辺りまで押すのか、である。それによって次の展開が大きく変わってくるはずだ。

さて、物色対象だが、昨年活躍したハイテク株は人気は高いが、その反応は鈍い。替わって市場人気を盛り上げているのが内需、それも医薬品、電気、ガス株などディフェンシブ株だ。こうした出遅れ株が買われること自体、主力戦は終わったというべきだろう。

今回は、こうしたことを念頭に、次の3銘柄に注目したい。ひとつは悪目買いのZOZO <3092> 。また折にふれ仕手化するカドカワ <9468> 。最後に東京放送ホールディングス <9401> 。いずれも内需の出遅れ株だ。

2019年2月22日 記

株探ニュース

植木靖男

相場展望
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. “人材革命”の大相場が開幕、外国人労働者関連「最強選抜5銘柄」 <株探トップ.. (02/23)
  2. 上方修正“先回り”、19年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> (02/24)
  3. 個人投資家・有限亭玉介:爆発の予感!?ちょっと気になるこの銘柄.. (02/24)
  4. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 DAIBOUCHOUさんの場合-2 (02/19)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 苦境の売り手が導く上昇相場 (02/24)
  6. 5万円以下で買える、増収増益&低PBR「お宝候補」19社 【2部・新興】編 <割安.. (02/24)
  7. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (2月22日現在)
  8. 「遠隔医療」が20位にランクアップ、5G応用の有力分野として注目高まる<注目.. (02/20)
  9. 「iPS細胞」が4位にランキング、再生医療の中核担うテクノロジーに光<注目.. (03/19)
  10. 近づく米ユニコーンIPO、「ライドシェア関連株」3月疾走へ <株探トップ特集> (02/21)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (8月22日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★ジョルダン、長大、燦HDなどに注目! 注目
  3. 3
    4-6月期【利益倍増】企業はこれだ!〔第3弾〕 31社選出 <成長株特集> 特集
  4. 4
    明日の株式相場戦略=“機械の仕業”から距離を置く銘柄に活路 市況
  5. 5
    22日の米株式市場の概況、ダウ平均株価は49ドル高と続伸 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.