ログイン
2019年3月23日 15時27分
通貨

ユーロ週間見通し:下げ渋りか、米金利見通し引き下げの影響残る

■弱含み、ユーロ圏の景気減速への懸念強まる

先週のユーロ・ドルは弱含み。米政策金利見通しの引き下げを受けてユーロ買い・米ドル売りが一時優勢となった。ユーロ・ドルは1.14ドル台半ば近辺までユーロ高に振れる場面があったが、22日発表のドイツとユーロ圏の3月製造業PMI速報値が急低下し、ユーロ圏の景気減速懸念が再燃したことから、リスク回避のユーロ売りが広がった。取引レンジ:1.1273ドル-1.1448ドル。

■伸び悩みか、域内経済の減速懸念残る

今週のユーロ・ドルは伸び悩みか。域内経済の減速懸念が広がり、ユーロ売り・ドル買いに振れやすい見通し。英国の合意なき欧州連合(EU)離脱の可能性が再浮上していることも意識されそうだ。米金利見通しの引き下げはドル売り材料だが、新たなユーロ買い材料が提供されない場合、ユーロの反発は限定的となりそうだ。

予想レンジ:1.1250ドル-1.1350ドル

■反落、リスク回避の円買い強まる

先週のユーロ・円は反落。欧州連合(EU)首脳会議で来月以降の延期が合意され、安心感がやや広がった。しかしながら、ドイツとユーロ圏の3月製造業PMI速報値が急低下し、景気減速懸念が再燃してユーロ売り・円買いが活発となった。米ドル・円相場が週末前に円高方向に振れたことも影響したようだ。取引レンジ:123円82銭-126円79銭。

■下げ渋りか、米金利見通し引き下げの影響残る

今週のユーロ・円は下げ渋りか。ドイツやユーロ圏のインフレ率が鈍化した場合、ユーロ売りは継続する可能性があるが、米金利見通し引き下げを意識して投機的なユーロ売り・米ドル買いがさらに広がる可能性は低い。米ドル・円相場に大きな動きがない場合、ユーロ・円は123円台で下げ渋る見通し。

○発表予定のユーロ圏主要経済指標・注目イベント

・29日:3月消費者物価コア指数(前年比予想:+1.0%)

予想レンジ:123円50銭-125円50銭

《FA》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 国内株式市場見通し:日経平均は下値調べ後の戻りを試す展開か (03/23)
  2. 富田隆弥の【CHART CLUB】 「盛り上がりに欠ける日本株」 (03/23)
  3. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ― 基本ファクター変化から市場変動を先読み (03/23)
  4. 米国株式市場見通し:米中交渉や英国議会の動向に注目 (03/23)
  5. 来週の決算発表予定 夢の街創造、ストライク、スターマイカなど (3月25日~29日)
  6. 今週の【早わかり株式市況】続伸、FOMCがハト派姿勢鮮明でリスク選好続く (03/23)
  7. 【今週読まれた記事】強弱観対立も上昇相場は継続 (03/23)
  8. 今週の【話題株ダイジェスト】 窪田製薬HD、Mマート、スキヤキ (3月18日~22日)
  9. 来週の【重要イベント】鉱工業生産、米貿易収支、米GDP確定値 (3月25日~31日)
  10. 来週の株式相場見通し=FRBのハト派姿勢が株価上昇後押し、円高・ドル安進行.. (03/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (7月19日記) 市況
  2. 2
    松竹などが売られる、京アニ火災による影響を警戒 材料
  3. 3
    14時の日経平均は410円高の2万1456円、SBGが34.14円押し上げ 市況
  4. 4
    日経平均大幅反発で日経平均を対象とするニアピンeワラントが上昇率上位(19日10:00時点のeワラント取引動向) 経済
  5. 5
    利益成長“青天井”銘柄リスト〔3-5月期〕 22社選出 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.