ログイン
2019年3月25日 17時36分
経済

金融におけるブロックチェーンの役割とは?

ブロックチェーンは、金融部門に多大な利益をもたらすと言われている。そこで、ブロックチェーンが果たす役割を見てみよう。

金融部門におけるブロックチェーンの役割は、ますます明らかになり、必要とされている。金融部門全体として、ブロックチェーンを日常的に利用することで、多くの利益を得る。ここでは、ブロックチェーンがどのようにして金融部門を広範囲に変えるかについて話してみよう。

銀行は以前からブロックチェーン技術の実証実験を行ってきた。2018年、「ブロックチェーンですべてが解決する」という当初の期待と興奮は収まり、もっとも適切なユースケースについて明確に検討すべきだという議論をするようになった。

GlobalDataによると、ブロックチェーンは、複数のリテール銀行が、事業の効率を高め、システムをまとめるために使用できるユニバーサル分散システムを提供し、サービスの品質を向上させ、新製品やサービスの選択肢を広げる可能性があるという。

より速いトランザクション時間

ブロックチェーンは、迅速な取引など、従来の銀行取引よりも優れた利点を提供します。従来の銀行取引方法は、第三者が常に必要とされるので、多くの時間を消費することが知られている。しかし、ブロックチェーンは、通常3日で銀行が完成するのにかかる時間をほんの数秒で達成できる。

データがブロックチェーン内に格納されるので、中央組織が関与する必要はまったくない。それによって、詐欺のリスクを軽減しながら、データとお金の転送がしやすくなる。また、世界経済フォーラムでは、ブロックチェーンの利点は、「2025年までにGDPの10%がブロックチェーン技術に保存される」と予測している。

コスト削減

ブロックチェーンはまた、金融部門の取引コストを削減する。ブロックチェーン技術は、トランザクションを非常に速くさせるので、第三者とその手数料を不要にする。これは、多国籍取引に関わる企業にとっては利益を生むことを意味する。。これはまた、銀行口座をもっていない人々にとって、制度上や政治上で大きな影響を与えるだろう。

クロスボーダー支払い

国境を越えた支払いは、ブロックチェーンバンキングで最も重要な問題の1つである。世界には、銀行口座にアクセスできない人が約20億人いる。これは、現在の銀行システムには欠陥があり、低開発国のために制限されていることを示している。ブロックチェーンを銀行業務に適用することで、支払いの振替遅延に責任のある仲介業者を取り除くために、プロセス全体を分散化することができる。

最も注目を集めているのがRippleである。これは、現在支払い注文の転送を支配している国際的な銀行ネットワークであるSWIFTを完全に置き換えるという困難な作業を引き受けている。その代わりに、Rippleは、国際決済プラットフォームであるTransferGoと提携して、XRP搭載のxRapidネットワーク(RippleNetのコンポーネント)をテストし、世界規模の決済のコストと流動性を削減している。TransferGoのCEOであるDaumantasDvilinskas氏は、「私たちとインドの銀行パートナーとの間でリアルタイムのコミュニケーションを確立するため、および直ちに国際支払いを行うためにこの技術を使用していること」を確認した。

不変性と信頼

財務におけるブロックチェーン技術のもう1つの明確な特徴は、それに含まれるデータの不変性である。そのデータがネットワーク全体で記録および検証されると、それを変更することはできなくなる。

ブロックチェーンに保持されている記録の不変性の根本的な意味は、それらの記録は信頼できるということである。中央銀行や規制当局はそれらを支持する必要はない。人と違って、データは信頼できる。信頼を扱う組織にとっては、この機能だけでブロックチェーンへの進出を正当化できるのだ。

ブロックチェーンテクノロジーの透明性とトレーサビリティは、パフォーマンス管理システムの一部として、誠実さや報酬スキームの有効性を高めることができる。

詐欺削減

Blockchainは、銀行および金融部門を詐欺から守るために非常に大きな役割を果たしている。お金が関係しているため、詐欺の可能性は大幅に高まっている。金融機関の40%以上が毎年、経済犯罪による多額の金銭損失を被っている。これは、現在の銀行システムが資金管理のために集中型データベースを使用しているために起こるのだ。これらのデータベースはサイバー攻撃を受けやすい。ハッカーが侵入したら、ハッカーが望むだけの金を奪い取るのは簡単である。

しかし、ブロックチェーンはこれを防ぐのだ。ブロックチェーンは分散データベース上に構築されているため、破損しないシステムになっている。これは、各トランザクションが暗号化メカニズムで格納されているため、侵入やハッキングが非常に困難であることを意味している。

出典「Whatistheroleofblockchaininfinance?」

著者:EmmaThompson

馬術ファンのEmmaは当初、デザインへの情熱が彼女のマーケティングへの道を拓く前に乳母として勉強し、資格を得た。これは彼女が最初に抱いた野心とはかなり対照的である。彼女は暇があると、2頭の馬によるスポーツに汗をかいている。

【ニュース提供・エムトレ】

《US》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 絶好調の19年12月期【最高益】銘柄リスト〔第2弾〕35社選出 <成長株特集> (03/24)
  2. 時代の寵児、株価変貌ステージ第1章突入へ「新AI関連5銘柄」<株探トップ特集> (03/23)
  3. 話題株ピックアップ【夕刊】(1):ロゼッタ、ZOZO、そーせい (03/25)
  4. 話題株ピックアップ【夕刊】(2):川崎汽、安川電、SUMCO (03/25)
  5. 【ブロックチェーン】関連の銘柄一覧
  6. 話題株ピックアップ【夕刊】(3):日通、シリコンスタ、オプトエレ (03/25)
  7. 【↓】日経平均 大引け| 650円安・今年最大の下げ幅、世界景気への警戒売り殺到 (03/25)
  8. 本日の【ストップ高/ストップ安】 引け  S高= 13 銘柄  S安= 2 銘柄 (3月25日)
  9. ★本日の【サプライズ決算】速報 (03月25日)
  10. レーティング日報【最上位を継続+目標株価を増額】 (3月25日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (7月22日発表分) 注目
  2. 2
    今朝の注目ニュース! ★オービック、ブレーキ、3DMなどに注目! 注目
  3. 3
    アンジェスが続伸、遺伝子治療薬「コラテジェン」が年内発売へと報じられる 材料
  4. 4
    復活のステージに立つ「外食関連株」、サプライズ決算が急騰を呼ぶ <株探トップ特集> 特集
  5. 5
    前日に「買われた株!」総ザライ (1) ―本日につながる期待株は?― 注目
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.