ログイン
2019年4月13日 10時00分
市況

富田隆弥の【CHART CLUB】 「5月高値まで押し目買い」

◆勢いよくスタートした4月相場だが、その勢いは序盤だけで後は足踏みが目立つ。 日経平均株価2万1000円台、NYダウ2万6000ドル台、為替(ドル円)111円台と、いずれも節に差し掛かっての足踏みだ。定石通りの「スピード調整」と見ることもできるし、昨年来の高値圏の節でもあり、「頭打ち」懸念が燻っていることも否定できない。このもみ合いからの放れの方向が焦点になってこよう。

◆日本は5月から「令和」時代がスタートするが、10連休を控えてマーケットは積極的なポジションを取りづらく、日々薄商いとなっている。連休前にはヘッジポジションも入るだろう。だが、連休中に海外マーケットで波乱がなければ、休み明けに買い戻し(ショートカバー)主導で上昇する可能性も高まる。5月ゴールデンウイーク明けに日経平均株価が高値をつけることが多いのは、そうした需給も大きく関係している。

◆ならば、今年も連休明け5月に高値を取りに行く可能性は十分にある。「令和」の始まりでご祝儀買いも加わるに違いない。勿論、連休中の海外で波乱がなければの話だが、先延ばしになっている米中首脳会談への期待が根強いほか、FRBのハト派(利上げ見送り)姿勢もあって米国株にはカネ余りの運用マネーが世界から流入している。景気減速や業績伸び悩みの懸念などはここでのもみ合いでかなり織り込んでおり、米国株は昨年高値に挑戦してもおかしくない。

NYダウ(10日終値2万6157ドル)の昨年高値は2万6951ドル(10月3日)、ナスダック(10日7964ポイント)の昨年高値は8133ポイント(8月30日)であるから、もみ合いを上放れるなら最高値更新は難しくない。そうなれば日経平均株価(11日2万1711円)も2万2000円台乗せから2万3000円トライとなるだろう。

◆ただし、昨年高値から6カ月を経過し「期日向かい」「高値期日」という局面で、5月になれば「株を売って旅に出ろ」(セル・イン・メイ)というジンクスのタイミングになる。こうしたスケジュールや需給要因を踏まえると、当面の日本株は米国株が崩れないことを条件に「連休明け高値」がイメージされる。それまで「押し目買い」の地合いが続いてもおかしくない。

(4月11日 記、毎週土曜日に更新)

情報提供:富田隆弥のチャートクラブ

株探ニュース

富田隆弥

CHART CLUB
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 植草一秀の「金融変動水先案内」 ― 10連休・改元・米大統領訪日・参院選に.. (04/13)
  2. NYダウ最高値更新が秒読み! 株価V字回復の真相とは <株探トップ特集> (04/11)
  3. 好決算先取り! 20年3月期「最高益大復活」候補7銘柄に照準 <株探トップ.. (04/09)
  4. 【今週読まれた記事】様子見ムードを切り拓く“低位株戦略” (04/13)
  5. 今週の【話題株ダイジェスト】 CANBAS、サイジニア、オンコリス (4月8日~12日)
  6. 今週の【早わかり株式市況】続伸・年初来高値更新、ファストリとSBGが牽引 (04/13)
  7. 来週の株式相場見通し=決算発表本格化を前にリスク回避の売り、日米TAG交渉.. (04/12)
  8. 好業績続く“中小型株”、19年3月期【業績上振れ】候補〔第3弾〕 <成長株特集> (04/11)
  9. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 4月10日版
  10. 10万円以下で買える、高進捗&低PBR「お宝候補」16社【東証1部】編 <割安株.. (04/12)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月13日発表分) 注目
  2. 2
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    9月配当取りを狙える【高利回り】ベスト30 「東証1部」編 <割安株特集> 特集
  4. 4
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  5. 5
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第1弾〕 <成長株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.