ログイン
2019年5月16日 10時48分
市況

概況からBRICsを知ろう インドSENSEX指数は小反落、外国人投資家の売り継続が指数の足かせ

【ブラジル】ボベスパ指数 91623.44 -0.51%

15日のブラジル市場は反落。主要指標のボベスパ指数は前日比469.00ポイント安(-0.51%)の91623.44で取引を終えた。92087.83から90294.63まで下落した。

終始マイナス圏で推移し、終盤に下げ幅をやや縮小させた。弱い経済指標が圧迫材料。3月の経済活動指数は前年同月比でマイナス2.52%となり、前月のプラス2.49%と市場予想のプラス2.20%を下回った。また、通貨レアルが対米ドルで下落したこともブラジル株の売り圧力を強めた。一方、米中通商協議への期待感などが指数をサポートした。

【ロシア】MICEX指数 2554.49 -0.31%

15日のロシア株式市場は小反落。主要指標のMOEX指数は前日比7.84ポイント安(-0.31%)の2554.49で取引を終了した。2576.56から2549.17まで下落した。

買いが先行した後は売りに押され、引けまで狭いレンジでもみ合った。通貨ルーブルの上昇が輸出銘柄の圧迫材料。また、中国の経済指標の下振れなども世界景気の減速懸念をやや強めた。一方、指数の下値は限定的。米中通商協議への楽観的な見方が指数をサポートした。

【インド】SENSEX指数 37114.88 -0.55%

15日のインドSENSEX指数は小反落。前日比203.65ポイント安(-0.55%)の37114.88、ナショナル証券取引所の主要50社株価指数ニフティは同65.05ポイント安(-0.58%)の11157.00で取引を終えた。

プラス圏で推移した後は終盤にマイナス圏に転落した。外国人投資家(FII)の売り継続が指数の足かせとなった。FIIはこの日までに9日連続の売り越しとなった。また、弱い経済指標なども景気の減速懸念を強めた。

【中国本土】上海総合指数 2938.68 +1.91%

15日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前日比55.07ポイント高(+1.91%)の2938.68ポイントと3日ぶりに反発した。

米中貿易戦争の過度な警戒感がひとまず薄らぎ、投資家心理が改善する流れ。中国外交部は14日、「米中の両国は通商交渉の継続で合意済み」とする認識を示した。また、トランプ米大統領はホワイトハウスで会見し、6月下旬に日本で開かれるG20(20カ国・地域首脳会議)首脳会議に合わせ、中国の習近平・国家主席と直接会談する計画を明らかにしている。取引時間中に公表された4月の経済統計では、小売売上高や鉱工業生産など主要指標が予想以上に前月から減速した。

《NH》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 強弱材料:5/16
  2. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (5月16日記)
  3. 本日注目すべき【好決算】銘柄 シノケンG、オークファン、Ubicom (15日大引け後 ..
  4. 前場に注目すべき3つのポイント~こう着も好業績銘柄などを見直す動きが次第に.. (05/16)
  5. 今朝の注目ニュース! ★マーケットE、チタン、シノケンGなどに注目! (05/16)
  6. 高成長企業を追う! 20年3月期【増収増益】リスト <成長株特集> 5月15日版
  7. 消費増税延期は三度繰り返す!? 令和「政策相場」突入の確度 <株探トップ特集> (05/15)
  8. 15日の米国市場ダイジェスト:NYダウ115ドル高、輸入自動車への追加関税措置を.. (05/16)
  9. ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比変わらずの21160円 (05/16)
  10. 本日の決算発表予定 … 住友不、あおぞら銀、日テレHDなど 20社 (5月16日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    金融地殻変動で大相場突入!システム投資関連「超買い場の5銘柄」 <株探トップ特集> 特集
  2. 2
    【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 日経平均9連騰、米中の対立緩和が市場好転を呼ぶ! 市況
  3. 3
    【杉村富生の短期相場観測】 ─ 9月13日、18日が相場の転換日になる? 市況
  4. 4
    【今週読まれた記事】成長するテーマ“AI”に眠る大化け銘柄! 特集
  5. 5
    10万円以下で買える、3期連続増益&低PER「お宝候補」23社 【2部・新興】編 <割安株特集> 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.