ログイン
2019年5月26日 9時15分
市況

【杉村富生の短期相場観測】 ─ 小学5年生がAIについて学ぶ時代!

「小学5年生がAIについて学ぶ時代!」

●NYダウはBM比15.4倍になったのに!

イノベーション(技術革新)が日本、およびマーケット(株式市場)を救う!これは筆者の持論である。一貫して、主張している。平成は株価的には厳しい30年だったが、スマホが普及し、EC(電子商取引)インターネットが日常生活に入り込むなど、大きく変わった。令和ではどんな社会が出現するのだろうか。

再三指摘しているように、 NYダウはブラックマンデー(BM)時の1738ドル(1987年10月19日)から昨年10月3日には2万6828ドルと、15.4倍になった。一方、日経平均株価の1987年10月20日の終値は2万1910円だった。現状は?ほぼその水準だ。「まったく上がっていないじゃないか」。そう、その通りである。

この理由については「失われた25年」のツケなど、いろいろあったと思う。そのひとつが技術革新の遅れ、“新”成長株が出てこなかったことにつきる。アメリカではアマゾン・ドット・コム、ネットフリックス、グーグル(アルファベット)、フェイスブックなどビッグカンパニーが続出した。実に、アマゾンの株価は「上場来の安値~その後の高値」でみると、1565倍になっている。

●令和ではどんな社会が出現するのだろうか?

上場時、100万円を投資していれば15億円強に資産が増えた勘定だ。すごい話である。しかし、日本は変わると思う。その原動力が第4次産業革命、Society5.0(社会改革)だろう。特に、AI(人工知能)だ。RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)との協業によって、オフィス部門の単純作業はほとんどデジタルレーバーに切り替わる。

先日びっくりしたのだが、小学5年生の孫が「AIのサバイバル」(朝日新聞出版)という本(マンガによる人間対AIの頭脳ゲーム)を読んでいた。AIが産業構造、社会を激変させる、このトレンド(潮流の変化)に対応し、生き延びなければならない、という内容だ。いや~、すごい。小学5年生である。投資家(大人)としては負けるわけにはいかないだろう。

日本政府はAI人材を年間25万人育成する計画を推進中だ。5GIoTクラウドビッグデータなどの導入加速がAIの存在感を一段と高めるだろう。関連銘柄としては、ブレインパッド <3655> 、クリーク・アンド・リバー社 <4763> 、サムティ <3244> などに注目できる。

2019年5月23日 記

株探ニュース

杉村富生

短期相場観測
▶︎著者ページ一覧

関連記事・情報

  1. 絶好調の20年3月期【連続最高益】リスト〔第2弾〕 31社選出 <成長株特集> (05/26)
  2. 量子&エッジ「次世代コンピューター相場」起動へ、倍騰候補5銘柄 <株探トップ.. (05/25)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ “ファーウェイ後”の相場回復に先手! (05/26)
  4. 【高配当利回り株】ベスト50 <割安株特集> (5月24日現在)
  5. 10万円以下で買える、売上・経常最高&低PER「お宝候補」15社【2部・新興】編.. (05/26)
  6. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 御発注さんの場合-第1回 (05/21)
  7. 個人投資家・有限亭玉介:決算期を経て注目中の銘柄群.. (05/26)
  8. まだ間に合う、5月配当【高利回り】ベスト30 <割安株特集> (05/23)
  9. IT化推進で生産性向上、「スマート農業関連株」に夏疾風 <株探トップ特集> (05/23)
  10. 総投資額1兆円超え、首都圏鉄道投資で急発進前夜の中小型株とは <株探トップ.. (05/22)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【夕刊】(1):サンバイオ、コロプラ、KLab 注目
  2. 2
    ★本日の【サプライズ決算】速報 (09月20日) 注目
  3. 3
    上方修正“先回り”、20年3月期【業績上振れ】候補 〔第2弾〕 <成長株特集> 特集
  4. 4
    【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 9月18日版 特集
  5. 5
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (5)決算速報は有望銘柄の宝庫 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.