ログイン
2019年8月1日 12時52分
材料

クイック---1Q増収増益、主たる人材サービス事業が順調に推移

クイック<4318>は7月31日、2020年3月期第1四半期(19年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比7.5%増の61.63億円、営業利益が同6.5%増の19.07億円、経常利益が同6.6%増の19.17億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同7.6%増の13.18億円となり、売上高・利益とも同期間における過去最高を更新した。

人材サービス事業の売上高は前年同期比10.5%増の43.40億円、営業利益は同4.0%増の17.99億円となった。人材紹介において、建設・土木分野における採用ニーズは旺盛な状況が続いており、一般企業向け専門職・技術職の人材紹介の業績拡大を後押しした。また、看護師紹介は、業績が堅調に推移した。人材派遣・紹介予定派遣・業務請負等は、医療・福祉分野において、保育士派遣が好調だったことに加え、看護師派遣も堅調に推移した。また、オフィスワークや営業アシスタント、専門性の高いIT・WEB関連職種等のパートタイム派遣が順調に推移した。

リクルーティング事業の売上高は同5.9%減の8.47億円、営業利益は同0.2%増の1.98億円となった。2020年3月卒業予定の大学生を対象とした採用広告や合同説明会等の取り扱いに加え、2021年3月卒業予定の大学生をターゲットとしたインターンシップサイトへの広告やイベントの取り扱いが好調だった。中途採用領域も、正社員及びアルバイト・パートの求人広告の取り扱いが底堅く推移し、さらに前期より本格的に取り扱いを開始したindeedも取り扱いが順調に拡大した。なお、売上高に関しては、2018年12月より一部メディアの契約形態が代理店形態から販売委託形態に変わり取扱手数料のみの売上計上となった影響により、前年同期と比較して減少している。

情報出版事業の売上高は同10.6%増の4.99億円、営業利益は同49.1%増の0.41億円となった。住宅情報誌「家づくりナビ」がプロモーションニーズの拡大を受け順調だったほか、北陸の結婚情報メディア「結婚SANKA」や生活情報誌が堅調に推移した。また、メディア以外のサービスは、ポスティングサービスが順調だったことに加え、「ココカラ。」ブランドで展開するコンシェルジュサービスでも、家づくり、ブライダル領域が好調だった。

その他の売上高は同4.8%増の4.76億円、営業利益は同16.4%減の0.76億円となった。ネット関連事業において、「日本の人事部」の広告収入が堅調に推移した。海外事業は、QUICK USA, Inc.において、人材派遣が底堅く進捗した。上海クイック有限公司は、業績が順調に拡大したほか、QUICK GLOBAL MEXICO,S.A.DEC.V.、Centre People Appointments Ltd、QUICK VIETNAM CO.,LTD.においても好調だった。

2020年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比9.2%増の209.40億円、営業利益が同13.1%増の29.20億円、経常利益が同4.7%増の29.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同1.5%増の19.95億円とする期初計画を据え置いている。

《SF》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. ズバリ分析、夏の恒例イベント「日経平均入れ替え」で騰がる株.. (07/30)
  2. 東京五輪に向け「渋滞対策」秒読み開始、関連株に上昇機運 <株探トップ特集> (07/31)
  3. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 見逃された実力株を再評価! (07/28)
  4. 決算先取り、4-6月期「大幅増益」期待リスト 22社選出 <成長株特集> (07/28)
  5. 決算シーズン序盤の急所、上方修正候補「先回り買い」選りすぐり7銘柄.. (07/29)
  6. 【高配当利回り銘柄】ベスト30 <割安株特集> 7月31日版
  7. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 7月31日版
  8. 「eスポーツ」が急浮上、16歳少年が過去最高額の賞金獲得で話題に.. (07/30)
  9. すご腕投資家さんに聞く「銘柄選び」の技 今亀庵さんの場合<第1回> (07/26)
  10. ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (1) 株達人への第一歩 (07/23)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    為替週間見通し:ドル・円はもみ合いか、米国での感染被害拡大への懸念残る 通貨
  2. 2
    解禁秒読み「オンライン診療」最前線株、“医療崩壊”阻止へ高まる注目 <株探トップ特集> 特集
  3. 3
    <みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位に富士フイルム 材料
  4. 4
    国内株式市場見通し:リスク回避姿勢の継続で日経平均は下値模索へ 市況
  5. 5
    来週の相場で注目すべき3つのポイント:ファーストリテなど決算、二番底模索、企業倒産件数 市況
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.