ログイン
2019年8月13日 9時40分
市況

概況からBRICsを知ろう 上海総合指数は値上がり、通貨安を巡る米中対立の警戒感がやや後退

【ブラジル】ボベスパ指数 101915.2 -2.00%

12日のブラジル市場は大幅続落。主要指標のボベスパ指数は前日比2081.00ポイント安(-2.00%)の101915.2で取引を終えた。103945.8から101621.2まで下落した。

売りが先行した下げ幅を急速に拡大させ、引けまで安値圏で推移した。景気後退懸念が高まっていることが圧迫材料。6月の経済活動指数は前年比で1.75%下落し、前月のプラス4.85%を大幅に下回った。また、成長予想の下方修正も圧迫材料。ブラジル中央銀行がエコノミスト約100人をまとめた調査では、2019年の成長予想が0.81%に下方修正された。

【ロシア】MICEX指数 2689.93 +0.38%

12日のロシア株式市場は小反発。主要指標のMOEX指数は前日比10.22ポイント高(+0.38%)の2689.93で取引を終了した。2682.05から2698.39まで上昇した。

買いが先行した後は上げ幅を縮小させ、引けまで狭いレンジでもみ合った。原油価格の上昇が資源銘柄の物色手掛かり。また、格付け会社フィッチ・レーティングスがロシアの投資適格格付けを「BBB-」から「BBB」に引き上げたことも支援材料。欧州との緊張関係が緩和されているほか、経済成長も順調に進めていると評価された。一方、米中貿易問題の不透明感などが引き続き指数の足かせとなった。

【インド】

休場

【中国本土】上海総合指数 2814.99 +1.45%

週明け12日の上海総合指数は値上がり。主要指標の上海総合指数は、前営業日比40.24ポイント高(+1.45%)の2814.99ポイントと反発した。

通貨安を巡る米中対立の警戒感がやや後退。中国人民銀行(中央銀行)は朝方、人民元の対米ドル基準値を7.0211人民元と8営業日連続で元安方向に設定したが、市場予想の中央値(7.029人民元)ほど元安ではなかった。人民銀の資金供給もプラス。人民銀は12日、リバースレポを通じ300億人民元の資金を市中に供給した。

《CS》

提供:フィスコ

関連記事・情報

  1. 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (8月13日記)
  2. 今朝の注目ニュース! ★バルテス、RSC、ネットマーケなどに注目! (08/13)
  3. 本日注目すべき【好決算】銘柄 豆蔵HD、ファイバーG、ビジョン (9日大引け後 発表分)
  4. 前場に注目すべき3つのポイント~ギャップダウン後は個人主体の中小型株物色へ (08/13)
  5. 【北浜流一郎のズバリ株先見!】 ─ 株価反転を呼ぶ“黄金の三空” (08/11)
  6. 強弱材料:8/13
  7. 利益成長【青天井】銘柄リスト 〔第2弾〕 24社選出 <成長株特集> (08/12)
  8. “好発進”銘柄を追う! 19年4-6月期【増収増益】リスト <成長株特集> 8月9日版
  9. 12日の米国市場ダイジェスト:NYダウ391ドル安、米中貿易摩擦への警戒続く (08/13)
  10. 本日の決算発表予定 … そーせい、テリロジー、パンパシHDなど 113社 (8月13日)

人気ニュース (直近8時間)

  1. 1
    話題株ピックアップ【昼刊】:HIS、ニトリHD、ジョルダン 注目
  2. 2
    外為サマリー:一時1ドル106円60銭台に上昇、株高や米金利上昇が支援材料 通貨
  3. 3
    11時の日経平均は64円高の2万692円、ユニファミマが18.77円押し上げ 市況
  4. 4
    日経平均23日前引け=続伸、44円高の2万672円 市況
  5. 5
    ゼロから始める「株探」の歩き方 ― (3) 人気の銘柄はランキングに潜んでいる! 特集
人気ニュースベスト30を見る
ゲストさん プレミアム会員登録
ログイン PC版を表示
【当サイトで提供する情報について】
当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘することを目的としておりません。
投資の最終決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。
当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、 China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。
日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。
(C) MINKABU THE INFONOID, Inc.